アドバンテック、WISE-2410LoRaWAN ワイヤレス振動センサを発売

アドバンテック株式会社は、LoRaWANに対応したワイヤレス振動センサー、WISE-2410を、2020年3月18日より発売開始した。

回転機械の異常兆候をとらえ、故障を防ぐためには、振動測定が重要な手段となる。

このため、全ての回転機械から定期的に振動測定を行うことが望ましいが、現状は人が巡回して測定を行うケースが一般的となり、効率的とは言えない。

ただし、振動監視システムの導入を検討すると、専門的かつ高価で、また、センサー設置に配線工事が伴い、簡単に導入できないという課題に直面するだろう。

このような課題に対して、WISE-2410LoRaWAN ワイヤレス振動センサーは、モーターやファンなどの回転機械に置くだけで、振動や温度データをLoRa*無線で送信し、手軽に回転機械の振動監視を実現てすることができる。

なお、測定値から振動値の評価はISO10816-3(JISB0906)の回転機械の評価基準や、既に使用している基準で行うことが出来る。

アドバンテック LoRaWAN対応振動センサ
LoRaWAN対応振動センサ フレオンの動作イメージ

WISE-2410の主な特徴をまとめると下記となる。

・ LoRa(WAN)通信で干渉も少なく長距離エリアをカバー
・ IP66 の小型の筐体に3軸加速度センサ、温度センサを内蔵
・ バッテリー駆動で配線不要の置くだけの簡単設置
・ 稼働時間:約 3 年間(1 時間 1 回の送信の場合)

製品名:WISE-2410 ワイヤレス振動センサ
測定・演算:振動速度 RMS、加速度(RMS、ピーク)、クレストファクタ、尖度、
歪度、標準偏差加速度レンジ:±19/39/78/156m/s2
無線通信:LoRa(WAN) (技術適合認証取得済)
取付:ねじ(UNF 1/4-28)、マグネットベース(別売) サイズ : 84.7×48.3mm
発売日:2020年3月18日
標準価格:50,000 円(税別)

Previous

東京海上日動とALBERT、AI技術とドライブレコーダー映像を活用した「事故状況再現システム」の提供開始

ドコモ、3/25より5G提供開始、B2C、B2Bでの利用シーンを全面サポート

Next