富士通の「CHORDSHIP」活用で東京都主税局への問い合わせにAIチャットボットサービスを導入

富士通株式会社は、顧客接点の高度化を実現する「Customer Engagement Solution CHORDSHIP powered by Zinrai(以下、CHORDSHIP)」を提供している。CHORDSHIPは、適切な会話を導くトークスクリプト機能と、機械学習型の類義語辞書と連動した自然文解析機能を備えたハイブリット型AIを採用しているため、少ないFAQデータでも、専門用語や言葉の揺らぎを踏まえて、会話の意図を的確にとらえた正答率の高いサービスを実現している。

今回、富士通は東京都主税局にCHORDSHIPを提供した。東京都主税局では、CHORDSHIPを活用して、納税者からの都税に関する相談や問い合わせに24時間365日自動応対するAIチャットボットサービスを4月1日からホームページ上で開始し、納税者の利便性向上に貢献する。

明日から開始する同サービスは、CHORDSHIPに搭載されたAI技術と東京都主税局が有する既存のFAQデータで構成され、AIチャットボットが利用者の問い合わせ内容から言葉の揺らぎや類義語を認識し、その上でFAQデータから適切な回答を抽出する。トークスクリプト機能とハイブリット型AIにより、ディープラーニング型のチャットボットのように、膨大な教師データを事前に学習する必要がなく、チューニング前の時点で高い正答率を実現する。

利用者は、スマートフォンやPCから、東京都主税局のホームページ上の専用ページにアクセスし、AIチャットボット画面で問い合わせると、24時間365日AIチャットボットが自動応答する。質問カテゴリの絞り込みや回数の多い質問をリコメンドする機能なども搭載しており、適切な質問へと会話を誘導して、AIチャットボットが利用者の質問意図をより的確に理解し回答する。

また、トークスクリプトや、辞書・FAQを簡単にメンテナンスできる機能もあり、管理者は負荷なくチューニングを行うことが可能だ。

プレスリリース提供:富士通

Previous

NECとカゴメ、加工用トマト市場でAIを活用した営農支援事業を開始

KDDIとJAL、5Gの利用を開始

Next