パナソニック、ディープラーニングの画像解析を小型エッジコンピュータで実現するVieurekaカメラの新機種VRK-C301を提供開始

パナソニック株式会社は、今後IoT機器が用いられたサイバーフィジカルな世界が広がるのに応じ、「画像解析」「分散処理」「個別管理」の3つの要素に対応する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム」を提供している。

Vieurekaプラットフォームは、カメラ内の画像解析機能を遠隔から入れ替えられる特長を持ち、店舗でのマーケティングや工場での従業員の行動管理などに利用されている。しかし近年では、高精度な人物属性推定や動作検出などの、複雑な画像解析技術の利用ニーズによるハードウェアの高性能化の需要が高まっている。

そこでパナソニックは、映像をAI処理してIoTエッジコンピューティングを実現する、Vieurekaプラットフォーム対応カメラの新機種VRK-C301の提供を開始する。同カメラは高性能CPUを搭載し、店舗の商品棚前での顧客行動分析や、製造ラインでの不良品検出など、ディープラーニングのような高度な画像解析を活用した多様なアプリケーション対応が可能になる。

汎用プログラミング言語Pythonへの対応や、AWS(Amazon Web Services)のIoTサービス用デバイスソフトウェアであるAWS IoT Greengrass及びAmazon SageMaker Neoの搭載により、より充実したアプリケーション開発環境になっている。

従来機種であるVRK-C201との比較は以下の通り。

製品名 VRK-C301 VRK-C201
カメラ 1920×1080 (1080p)30fps(最大) 1920×1080 (1080p)30fps(最大)
レンズ 広角モデル: 対角125°
望遠モデル: 対角64°
対角137°
マイク 無指向性コンデンサマイク 無指向性コンデンサマイク
夜間照明 Ir-LED内蔵 Ir-LED内蔵
CPU 6コア 4コア
Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX 10BASE-T/100BASE-TX
SDカード microSDHC対応 microSD対応
電源入力 PoE給電(IEEE802.3at準拠)または
DC 5V/1.8A(9W)(φ5.5/2.1mm)
※Ir-LED、USB給電使用時約3.2A(16W)
PoE給電(IEEE802.3af準拠)または
DC 5V/1.6A(8W)(φ5.5/2.5mm)
※Ir-LED、USB給電使用時約2.6A(13W)
幅x高さx厚み 87 × 87 × 35.6 mm(突起部除く) 93 × 75 × 30 mm(突起部除く)
画像ローテーション機能 ×
Vieureka PF対応
Python対応 ×
AWS IoT Greengrass対応 ×
※Viewrekaのホームページを参照し表を作成

Previous

ネコリコ、高齢者の孤立死を防ぐための見守りサービス「独居ケアアシスタント」を提供開始

不動産テック総合ブランドRENOSY、3Dスキャンカメラ活用でオンライン内覧を強化

Next