ダッソー・システムズ、武漢市の雷神山病院に「SIMULIA XFlow」提供 ウィルス拡散防止を支援

ダッソー・システムズの戦略パートナーである中国の中南建築設計院(以下、CSADI)は、武漢市の雷神山病院の設計を担当した。感染症患者を収容する雷神山病院では、近隣環境への汚染防止を考慮する事が重要であった。

2020年4月8日、ダッソー・システムズはCSADIと協力し、3DEXPERIENCEプラットフォーム上のソフトウェア「SIMULIA XFlow」を雷神山病院に無償提供し、隔離環境下で起こり得るウィルスの拡散をシミュレーションするための支援を行う事を発表した。

「SIMULIA XFlow」は流体をシミュレーションするソフトウェアである。このソフトウェアによって、院内の空気分布をシミュレーションし、ウィルスに汚染された空気を輩出する最適な方法を検討することで、無計画な換気によって生じるリスクを緩和する。

また、「SIMULIA XFlow」を利用して、外部に排出された空気が近隣の環境に及ぼす影響をシミュレーションすることもできる。

ダッソー・システムズは今回の取り組みを、バーチャルツインエクスペリエンスを医療研究といったライフサイエンス領域に利用する戦略「From Things to Life」の実践として位置付けている。

Previous

RFIDタグを活用し、工場内のすべてのモノの流れを可視化する ―ヤマザキマザック インタビュー

NTT Com、「Flexible InterConnect」において「XaaS事業者向け接続機能」の提供を開始

Next