CYBERDYNE Omni Networksとコヴィア、温湿度管理に特化したIoTセンサー「BC-10」を発売

温湿度管理は、ダニやカビの発生予防、食品や医薬品の品質管理、熱中症対策、感染症の予防といった、環境衛生の保全には重要である。

しかし、温湿度管理は現状、アナログ温湿度計を設置して行う巡回管理、空調レベルでの温度調節に留まっている事が多い。また、従来のネットワーク対応型温湿度センサーは高額で、システムの自由度が低いため、管理から異常検知までの自動化を行う事は敷居が高い。

CYBERDYNE Omni Networks株式会社と株式会社コヴィアは、Bluetooth5.0に対応したIoT温湿度センサー「BC-10」を2020年5月より発売する。

「BC-10」は感染症予防、品質管理、熱中症予防といった用途向けに開発されたセンサーだ。環境センサーの中でも温湿度に特化し、低価格化したことが特徴である。(想定税抜価格6,800円)サイズは44mm×44mm×8mm、重さ19g。コイン形リチウム電池CR2450を搭載し、1時間に1回の測定データ送信の場合、電池交換無しで約1.5年動く。

「BC-10」のデータ通信はBLE(Bluetooth Low Energy)に対応している。Android用アプリケーションを使用すれば、簡単にスマートフォンにデータを取り込むことができる。また、IoTゲートウェイを経由してクラウドサーバーに送信し、多地点の測定データを管理することができる。

CYBERDYNE Omni Networks株式会社と株式会社コヴィアは「BC-10」について、医療機関をはじめ、介護や教育関係、飲食店、商業施設などにおける利用を見込んでいる。

Previous

エクスポリス・日本IBM・東京電機大学、地域の取り組みを連携させるIT基盤の実証実験を開始

日立、Lumadaのグローバル展開に向けてFusionexのAI・データアナリティクスのSaaS事業を取得

Next