[製造業: 4/17,5/15]デジタルツインを実現する体験セミナー(無料/ウェビナー)

PR

現在IoTNEWSでは、新型コロナウイルスの影響でセミナーや展示会を開けなくなった企業を全面的に支援しており、イベント告知を無償で行います。お困りの方は、問い合わせフォームよりご連絡してください。
※内容によっては、お断りすることもありますので、その場合はご容赦ください。

「コネクテッド・インダストリーズを世界へ」をビジョンに掲げ、様々な最新技術の繋がりによる新たな価値・産業の創造を目指した事業を行っているFAプロダクツでは、「製造業の課題解決」につながる、デジタル技術を活用した無料体験セミナーを定期的に開催している。

今回のセミナーでは、デジタルツインを実現し、多品種少量生産にも柔軟に対応できる生産ライン構築ができることが体感できる。

具体的にはバーチャルの「シミュレーションモデル」と、リアルの「稼働監視データ」を組み合わせた「デジタルツイン」を構築することで、「生産投入計画の自動化・最適化」を実現。

生産性向上やリードタイムの短縮はもちろん、人員配置の最適化や経営判断の迅速化など、企業利益に直結するメリットを知ることができる。

対象

製造の現場をお持ちの企業の方のみ対象。

  • 多品種少量生産に取り組んでいる方
  • 生産計画の属人化を排除したい方
  • 生産計画が最適かどうか確信を持ちたい方

実際のツールを体験して頂きデジタルツインの効果を理解

デジタルツインを構築するソリューションとして、生産シミュレータ及び稼働監視パッケージ(実績収集)を紹介し、実際にソフトを操作して体験することができる。
※各ソフト詳細は下欄を参照のこと。

  • 受講料は無料
  • ソリューションの概要、適用事例等を紹介。資料は持ち帰れる。
  • 生産シミュレータはサンプルモデルラインの作成演習及び稼働監視から実績データの取り込み動作体験を行うことができる。
  • 稼働監視の実機を使用して、実績収集の実例を紹介する

生産シミュレータ Plant Simulation

  • 複雑な生産ラインのモデリングから、直感的な操作による早期習得が可能になる
  • 工程設計、改善をパソコン上で検証できる
  • 最適物流システム、最適人員配置などによる、定量的な判断によるリスク回避とムダ排除が実現できる
  • シミュレーションによる最適な生産計画が立案できる

稼働監視パッケージ

  • ローコストに既存設備の稼動監視・帳票レスを実現
  • 配線工事無しで稼働信号や生産完了信号を横取り
  • PLCや稼働監視スターターBOXからのデータを集約して、複数設備データの一括監視を実現
  • Excelを用いて、取得データを基に既存日報フォーマットなどを活用して自動帳票化
  • 設備総合効率(OEE)や生産進捗などのアンドン表示を、HMIもしくはPC(大型モニタ接続可)、タブレットなどで確認可能

開催概要

開催予定:毎月第1、第3金曜日(通常は、FAプロダクツオフィスにて開催)

開催日 4/17(金)、5/15(金)
募集人数 10名様
参加費用 無償(1社2名様まで)
開催時間 13:30~16:30
会場 ウエビナー(参加者にはURLを別途通知)
通常は、株式会社FAプロダクツ BLUE会議室
東京都港区新橋5-35-10 新橋アネックス2階

カリキュラム

生産シミュレータは簡単なモデルを作成。
3D工場シミュレータは予め用意されたデモデータを紹介。
※オフライン参加の場合、参加者人数に応じ操作体験も可能
※タイムテーブルはテーマにより変更することがある

タイムテーブル

13:30 – 13:45 (株)FAプロダクツ 会社概要紹介
13:45 – 14:00 DX,DF~生産シミュレータ概要紹介
14:00 – 15:10 生産シミュレータ操作
休憩 (10分)  
15:20 – 16:20 稼働監視、シミュレーション連携デモ
16:20 – 16:30 Q&A アンケート記入

ウエビナーURL

参加者の方にご連絡

【注意事項】
※セミナー受講には事前申込みが必要です。
セミナー開催日の前営業日の15:00までに各セミナーのお申込み画面からお申込みください
なお、事前にお申込みがない場合は会場にお越しいただいてもお席やテキストがご用意できません。
必ず事前にお申込みください。

※キャンセルはセミナー開催日の前営業日15:00までの受付となります。

申し込みはこちら

Previous

総務省、地域IoT実装・共同利用推進事業に係る提案を公募

[製造業: 4/24,5/8, 5/22]デジタルファクトリー構築を実現する 体験セミナー(無料/ウェビナー)

Next