[ロジスティクス:4/23]ウィズコロナ・アフターコロナ時代の デジタル・ロジスティクス戦略(ウェビナー/無料)

PR

現在IoTNEWSでは、新型コロナウイルスの影響でセミナーや展示会を開けなくなった企業を全面的に支援しており、イベント告知を無償で行います。お困りの方は、問い合わせフォームよりご連絡してください。
※内容によっては、お断りすることもありますので、その場合はご容赦ください。

新型コロナウイルス感染状況の収束が見通せない中、新型コロナと闘う局面である「ウィズコロナ」時代はどんなに短くても半年、長ければ数年続くと考えられている。また最近では「アフターコロナ」の世界がどのように変わっていくのか、政治、経済などあらゆる面で論じられ始めた。

「非接触」「非対面」が求められ、リモートワークが当たり前となっていく「ウィズ・アフターコロナ」時代―。あらゆる業界においてデジタル化が今まで以上のスピードで進み、物流業界にも大きな変化が起こると考えられています。企業の経営層や物流責任者はこの変革期にどのように立ち向かっていけばよいのだろうか。

この重大なテーマについて、これまで数多くの企業で物流・サプライチェーンのDX推進をサポートしてきたコンサルティング会社出身のHacobuメンバーが徹底的に語るセミナーをオンラインで緊急開催する。

対象

物流関連企業または製造業、流通業、小売業等においてIT部門や物流関連業務に従事されている方。特に、

  • 荷主企業の経営層
  • 荷主企業の物流責任者
  • 物流企業の経営層

の方には参考になるとのことだ。

セミナー概要

日時:2020年4月23日(木) 12:00-13:00
場所:オンライン(参加者にURLを連絡)

講師

株式会社Hacobu 代表取締役社長CEO 佐々木 太郎
アクセンチュア株式会社、博報堂コンサルティングを経て、米国留学。卒業後、ブーズアンドカンパニーのクリーブランドオフィス・東京オフィスで勤務後、ルイヴィトンジャパンの事業開発を経てグロッシーボックスジャパンを創業。ローンチ後9ヶ月で単月黒字化、初年度通年黒字化(その後アイスタイルが買収)。食のキュレーションEC&店舗「FRESCA」を創業した後、B to B物流業界の現状を目の当たりにする出来事があり、物流業界の変革を志して株式会社Hacobuを創業。

株式会社Hacobu 執行役員CSO 佐藤 健次
アクセンチュア株式会社において、サプライチェーングループのリーダーとして、数多くの改革プロジェクトをリード。その後、ウォールマート/西友にて、eCommerce SCM、補充事業、物流・輸送事業、BPR(全社構造改革)の責任者を歴任。ウォールマート日本の物流責任者として、各国のリーダーおよびパートナーと物流革新を推進してきた経験を持つ。日本の物流変革の必要性を体感し、株式会社Hacobuに参画。

株式会社Hacobu Executive Advisor 野田 和伸
アクセンチュア株式会社において、24年以上のコンサルティング経験を有する。業務領域としては、営業・マーケティング・サプライチェーン・会計・人事・IT、クライアントの業界としては、自動車・消費財・小売・不動産・運輸・物流・旅行・人材サービス・通信・ハイテク等の幅広い業種を経験。最近7年間は運輸・物流・旅行業界統括マネジング・ディレクターとしてPL責任を担う。業界・企業を跨いだデジタル物流変革に共感し、株式会社Hacobuに参画。

申し込みはこちら

Previous

[製造業: 4/24,5/8, 5/22]デジタルファクトリー構築を実現する 体験セミナー(無料/ウェビナー)

オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始

Next