[移動:4/28]Mobility Transformation Online(無料/ウェビナー)

PR

現在IoTNEWSでは、新型コロナウイルスの影響でセミナーや展示会を開けなくなった企業を全面的に支援しており、イベント告知を無償で行います。お困りの方は、問い合わせフォームよりご連絡してください。
※内容によっては、お断りすることもありますので、その場合はご容赦ください。

センサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用して、移動にまつわる様々なサービスに取り組むスマートドライブは、2019年11月に「移動の進化への挑戦」をテーマにしたカンファレンス「Mobility Transformation Conference 2019」を開催した。

そしてこの度、第2回となる「Mobility Transformation Online」を開催する。前回に引き続き「移動の進化への挑戦」をテーマに、新型コロナウイルスの感染拡大により移動の価値が問われている現在、学びや発見を提供する。

今回は、オンライン生放送コミュニティ「Schoo(スクー)」との協業によるライブ配信方式で開催する。スマートドライブの公式Facebookページなどからも参加できるようにして、地方での開催を望む声に対応した。

カンファレンスではモビリティデータを利活用した地域活性化への取り組みについても触れながら、様々な企業のスピーカーと「移動の進化」についての議論を深める予定だ。

対象

・MaaSというソリューションに期待する事業開発担当者
・モビリティ×テクノロジー の分野に興味がある技術者
・社会貢献への思いが強い方

セミナー概要

日時:2020年4月28日(火) 10:00-18:00
場所:オンライン(URLはこちら
参加費用:無料
視聴方法:Schoo特設サイト
     Schoo公式Twitter(@schoo_inc)
     SmartDrive公式Facebook
予定視聴者数:3,000 人程度を想定

タイムテーブル

時間 テーマ 登壇者
10:00-11:00 オープニングセッション 北川 烈(株式会社スマートドライブ 代表取締役)
11:00-12:00 MaaS 時代における保険の新たな価値について 安藤聡昭(損害保険ジャパン株式会社 リテール商品業務部)
石野真吾(株式会社スマートドライブ 事業開発)
12:00-13:00 大手企業とスタートアップ企業の協業によるDX 推進の事例 荒川翔太(住友商事株式会社 デジタルソリューション事業部)
石川信太朗(株式会社スマートドライブ Mobility Data Scientist)
13:00-14:00 データとアーキテクチャ ~MaaS でのサービスの進化と可能性~ 牧野祐己(株式会社プレイド 執行役員 CTO)
岸田崇志(株式会社スマートドライブ CTO)
15:00-16:00 モビリティデータを活用した安心・快適な新しいモビリティ・ライフの実現 西村潤也(小田急電鉄株式会社 経営戦略部)
弘中丈巳(株式会社スマートドライブ CRO)
16:00-17:00 JR が挑む!関係人口を増やすための「移動の目的作り」とは? 隈本伸一(JR 東日本スタートアップ株式会社 シニアマネージャー)
奥野誠(株式会社 JR 西日本イノベーションズ 取締役)
菅谷俊雄(株式会社スマートドライブ CSO)
17:00-18:00 コネクテッドバイクは今後どのように活用されるのか 山本祐司 (株式会社ホンダモーターサイクルジャパン 経営企画室)
元垣内広毅(株式会社スマートドライブ 取締役)

申し込みはこちら

Previous

経産省、物流MaaSの実現に向けたトラックデータ連携の仕組みを確立するとりまとめを公表

富士通、企業の健康経営を支えるクラウド型健康管理支援システム「LifeMark HealthAssist」を提供

Next