[セキュリティ:5/14]押さえておきたい!IoT機器のセキュアなライフサイクル管理とは(無料/ウェビナー)

PR

現在IoTNEWSでは、新型コロナウイルスの影響でセミナーや展示会を開けなくなった企業を全面的に支援しており、イベント告知を無償で行います。お困りの方は、問い合わせフォームよりご連絡してください。
※内容によっては、お断りすることもありますので、その場合はご容赦ください。

IoT化が進む産業制御システムでは、サイバー攻撃のリスクに対して国際電気標準会(IEC)の「IEC62443-4」を調達要件に盛り込むケースが海外を中心に増えており、日本でもセキュリティ要件への対応が求められている。

また、IoT製品は長期運用が前提となっており、機器の長期運用、ユーザーサポート、メンテナンスといったライフサイクル全体を考える必要がある。

このほど、サイバートラスト株式会社はWebセミナー「押さえておきたい!IoT機器のセキュアなライフサイクル管理とは」を2020年5月14日に開催する。

今回のセミナーでは、いま注目のセキュリティ問題を取り上げつつ、産業機器の長期サポートと運用に特化したソリューションを紹介する予定だ。

対象

IoT ・組込みシステムの開発を行なう技術者または関係者

開催概要

日時:2020年5月14日(木) 14:00~15:20
会場:Web セミナー
参加費用:無料(事前登録制)
主催:サイバートラスト株式会社

タイムテーブル

時間 内容
14:00~14:30 IoTセキュリティ最新動向
(一般社団法人セキュア IoT プラットフォーム協議会)

2018年10月のハドソン研究所での米国ペンス副大統領の演説から2019年5月のプラハ合議に至る国際協調の中でのサイバーセキュリティに対する警鐘やIEC62443、NISTSP800、FIPS140-3などの国際標準の制定、米国国防権限法2020などの調達基準のリリースに至るグローバル環境での一連の動きを俯瞰し、現在の日本製造業や重要インフラに求められるセキュリティ要件について解説する。

14:30~15:00 IoT 機器を安全に長期運用する方法
(サイバートラスト株式会社)

IoT機器は開発段階から出荷、製品廃棄まで、長期にわたって脆弱性対応などのライフサイクル全体を管理することが必要である。製造業向けに最適化したIoT用Linuxプラットフォームと、製品リリース後の長期利用を支援するサービス 「EM+PLS」を紹介する。

15:00~15:20 フォローアップセッション・質疑応答
※当日の内容など、一部変更になる場合がある。

申し込みはこちら

Previous

プロノハーツ、製造業向けVRデザインレビューシステム「pronoDR バージョン3.0」を発表

NEC、5Gを活用した建設現場の安全向上に向けた実証実験を実施

Next