NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

現在、新型コロナウイルス感染拡大による入院患者との面会制限によって、患者は家族や友人と直接会うことが困難な状況にある。また、医療現場においては、患者との接触回数を軽減しながら、健康状態のモニタリングや医療の提供を行う必要があり、ICTやIoTを活用した遠隔技術の導入が求められている。

このほど、NTTドコモ、エムスリー、ソニーは共同で、医療領域における課題に対して、ICTやIoTを活用した協業に向け検討することに合意した。3社は協業検討の第1弾として、VR・ARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルを開始する。

今回の協業検討は、NTTドコモとエムスリーが締結した資本・業務提携契約にもとづき、検討・実施していた協業プロジェクトと、エムスリーとソニーが「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」をきっかけとして開始した新型コロナウイルス感染症対策での協業を元に、医療領域における新たな価値創造を探索する取り組みとして合意に至った。3社は患者が「病に負けない、人生を輝かせる」ことに貢献するための検討を進めていく。

VR・ARなどを活用したバーチャル外出支援トライアルについて

病室でVRゴーグルをかけると、周囲に 360 度の旅行映像が浮かび上がり、外出しているような感覚を味わえるプログラムや、ARで仮想のキャラクターとインタラクティブなコミュニケーションが取れるレクリエーションプログラムの検討を行う。

さらに、感染防止のため直接家族と会うことできない状況でも、撮影した家族の映像をリアルタイムでVRゴーグルに映し出すことにより、家族と一緒にいるような感覚を味わえるバーチャル面会システムの検討も行う。

この取り組みは、千葉県千葉リハビリテーションセンターでのトライアルから開始する。

今後の予定

患者のQOL向上に加えて、医療現場でのICT・IoTの活用という観点で、新型コロナウイルス感染患者の遠隔問診やモニタリング、遠隔での患者家族向けの治療説明やインフォームド・コンセント、遠隔でのセカンドオピニオンの実施など、医師と患者のコミュニケーションへの活用も視野に課題解決を検討していく予定である。

Previous

ソフトバンク、新卒採用選考における動画面接の評価にエクサウィザーズと共同開発したAIシステムを導入

2050年の危機と日本の未来とSociety5.0

Next