AIoTクラウド、関西電力の見守りサービス向けに家電データの提供を開始

シャープ株式会社の子会社である株式会社AIoTクラウドは、独自のAIoTプラットフォームを活用し、関西電力株式会社とサービス契約を結んだユーザー宅で利用されているシャープのAIoT対応冷蔵庫・空気清浄機のデータを関西電力に提供を行う。

関西電力は、提供される冷蔵庫のドア開閉データや空気清浄機のセンサーデータを活用し、離れて暮らす家族の状況をお知らせする見守りサービス「はぴeまもるくん 家電情報を用いた見守りサービス」を2020年5月28日から開始した。

「はぴeまもるくん 家電情報を用いた見守りサービス」を使用することで、離れて暮らす親の家の冷蔵庫のドアが開いたり、空気清浄機のセンサー反応があったりすると、メールやLINEでお知らせするサービスを利用できるため、プライバシーに配慮しながら様子を見守る事ができる。

利用者はシャープのスマートライフアプリ「COCORO HOME」を利用し、機器とサービスの連携設定や、サービスリスト画面から「はぴeまもるくん 家電情報を用いた見守りサービス」へアクセスでき、サービス加入後に設定を変更するなどの対応が可能である。

Previous

インフォコーパス、オフィスや病院などに向けたCO2濃度測定ソリューションの提供を開始

三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始

Next