[製造業:6/16~6/30] 製造業、新時代のトレンド ーデジタルモノづくりサミット2020(無料/ウェビナー)

PR

現在IoTNEWSでは、新型コロナウイルスの影響でセミナーや展示会を開けなくなった企業を全面的に支援しており、イベント告知を無償で行います。お困りの方は、問い合わせフォームよりご連絡してください。
※内容によっては、お断りすることもありますので、その場合はご容赦ください。

コンセプト実証から商用・大規模導入へとフェーズが変わりつつあるIoT。製造業においては、自社での活用にとどまらず、自社が製造・販売するデバイスを「コネクテッド化」する動きや、ビジネスモデルを拡張して「モノ売り」に加えて「サービス提供」も取り込んでいく動きが進んでいる。

本ZONEでは、独自のIoTプラットフォームを提供するアームと、同プラットフォームのエコシステムにおいてチップからモジュール、クラウドサービス、特定用途のソリューションまで幅広い領域のベンダー各社が、この新時代のトレンドに対処するための具体策を紹介する。

最新グローバル調査と日本市場の動向から読み解く IoTの新たなフェーズと今とるべきアクション

内容

Economist誌が世界で実施した最新の調査から、さまざまな業種でIoTの活用と投資が急激に進展する変曲点がいま起きていることがわかった。本セッションではその調査から見えた大きな3つの潮流について、日本市場での動向を紹介するとともに、日本企業が目指すべき姿と事例、今とるべきアクションを解説する。

登壇者

IoTNEWS代表
株式会社アールジーン代表取締役
小泉耕二

聞き手:アーム株式会社 IoTサービスグループ 薩川格広氏

デジタルファースト・ソサエティ著者に聞く、モノづくりDXの要諦

内容

さまざまな企業がIoTやAIを活用したDXに着手しているが、テクノロジー面の話題が先行し、ビジネスモデルや他社との連携について模索が続いている。その実務者に向けて、製造業を中心にDXの取り組みを複数段階に分けて考察した書籍が「デジタルファースト・ソサエティ」(日刊工業新聞社)だ。その編著者3人が、モノづくり企業が顧客視点のサービスを実現するための要諦を語る。

登壇者

東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター チーフエバンジェリスト
福本勲氏

フロンティアワン 代表取締役
鍋野敬一郎氏

電通国際情報サービス X(クロス)イノベーション本部 執行役員 本部長補佐
幸坂知樹氏

開催概要

イベント名 デジタルモノづくりサミット2020
ZONE名 IoT ZONE sponsored by Arm
会期 2020年6月16日(火)~6月30日(火)
形式 オンラインイベント(会期中は終日配信)
参加費 無料
主催 MONOist、EE Times Japan、EDN Japan
特別協賛 アーム株式会社
セッションプログラム
  • 最新グローバル調査と日本市場の動向から読み解く IoTの新たなフェーズと今とるべきアクション
  • デジタルファースト・ソサエティ著者に聞く、モノづくりDXの要諦

申し込みはこちら

※一度の登録で、会期中はどのセッションでも視聴することができる。

Previous

IDC、国内携帯電話およびスマートフォン端末の合計出荷台数は前年同期比8.8%増の776.2万台と発表

[セキュリティ:6/4,6/11] テレワーク・デバイス増加で拡大する攻撃対象領域、今最適なゼロトラスト対策とは?(無料/ウェビナー)

Next