NTTドコモ、5Gにも対応した顔認証入退管理ソリューション「Easy Pass powered by SAFR」の提供を開始

製造業、電気・ガスなど二次産業における工場、プラントといった施設では、広い敷地にバスや乗用車で入構し、入場ゲートで下車、入場登録、IDカードを提示するなど多くの時間を要する上に、IDカードの目視確認では人的ミスやなりすましなど、セキュリティ上の課題がある。また、屋外の場合は認証機器の防水対策も必要であり、導入までに費用や時間を要する。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、スマートフォンで簡単に顔認証による入退管理ができる、5Gにも対応したソリューション「Easy Pass powered by SAFR(イージーパス パワードバイセイファー)」(以下、Easy Pass)を、2020年5月29日から法人顧客向けに提供を開始した。

「Easy Pass」は、ドコモが研究開発部門・法人部門にて組織横断的に混成チームを構成し、顧客の課題解決を図る「トップガン」の取り組みにより創出したもの。専用アプリをインストールしたスマートフォンのカメラを入退場者の顔に向けるだけで、登録された顔写真データとリアルタイムで照合し、入構許可者かどうか、入構済みかどうかの状態などがその場で確認できるソリューションだ。スマートフォン一つで認証できるため大がかりな工事は不要で、場所の変更にも柔軟に対応できる。

「Easy Pass」では、ドコモのネットワーク内に設置したクラウド基盤「ドコモオープンイノベーションクラウド」上で、RealNetworks, Inc.のAI顔認証ソフトウェア「SAFR(セイファー)」と、オープン性が高く、カメラなどとの柔軟な連携ができるGenetec Inc.の入退室管理システム「Security Center Synergis」を統合して提供することで、簡易な操作と高精度な入退管理の両立につなげる。両システムの統合は、ネットワンシステムズ株式会社が実施している。

また、通信回線、スマートフォン端末、防水ケースなどもワンストップで提供することで、初期費用や導入までの時間の削減を目指す。「SAFR」の追加機能を組み込んだ場合、新型コロナウイルス感染予防などのためにマスクを着用したままでも高い認証精度を維持できるようにしている。

なお、「Easy Pass」は4G(LTE)ネットワークのほか5Gにも対応しており、5Gの高速大容量、低遅延のネットワークを利用することで、認証速度の向上を見込む。また、「ドコモオープンイノベーションクラウド」で今後提供予定の「クラウドダイレクト」と併用することで、よりセキュリティの高い環境で利用できるようになる。

Previous

[セキュリティ:6/4,6/11] テレワーク・デバイス増加で拡大する攻撃対象領域、今最適なゼロトラスト対策とは?(無料/ウェビナー)

NTTデータと神明ホールディングス、水稲栽培管理を支援する「水稲ナビゲーションシステム(仮称)」の開発と実証を開始

Next