楽天モバイルとNEC、コンテナ化されたStand Alone方式の5Gコアネットワークの共同開発に合意

楽天モバイル株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、コンテナ技術を導入し、RANからコアネットワークまでを5Gの通信技術を使用するStand Alone方式(以下、SA方式)の5Gコアネットワーク(以下、5GC)を共同開発することに合意した。

コンテナ技術とは、OS上に他のプロセスからは隔離されたアプリケーション実行環境を構築する技術のことで、仮想的な動作環境をより少ないコンピュータリソースで実現する事ができるものである。

共同開発される5GCは、楽天モバイルが構築を進める4Gおよび5Gのモバイルネットワークを提供する「Rakuten Communications Platform」上で動作する。NECが開発した5GCのソースコードをベースに、高い信頼性を備えた日本製5GCの構築を共同で進めるとしている。楽天モバイルは、日本国内において2020年より商用5Gサービスを開始し、2021年より、同SA方式の5GCを使用した5Gネットワークの提供を予定している。

楽天モバイルは今後、「Rakuten Communications Platform」を世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてサービスを展開し、通信事業者のニーズに沿った機能を提供していくという。通信事業者は、アプリケーションストア形式のインターフェースを通じてオープンで完全仮想化されたSA方式の5GCを購入し、各社のネットワークに導入することが可能となるとしている。

Previous

デジタルツインを活用し、製造業の新たなバリューチェーンを生み出す「Industry tech DX」―FAプロダクツ ウェビナーレポート

アドバンテックテクノロジーズとビットメディア、AIを活用したCOVID-19感染抑制ソリューションを共同開発

Next