アドバンテックテクノロジーズとビットメディア、AIを活用したCOVID-19感染抑制ソリューションを共同開発

アドバンテックテクノロジーズ株式会社と株式会社ビットメディアは業務提携を行い、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染抑制に対するAI活用ソリューションの共同開発と、東京都内での実証実験を開始することを発表した。

アドバンテック株式会社の日本国内拠点であるアドバンテックテクノロジーズは、Advantech Video AI技術によるCOVID-19感染抑制ソリューションを国内で発売している。このソリューションは、AI顔認証と人検出機能を搭載したアドバンテック製の産業用エッジAIコンピュータと、サーモグラフカメラや人検知カメラなどを連携しており、非接触で体温を同時に複数測定し、その結果の履歴保管やトラッキング、密集・混雑状況やソーシャルディスタンスの監視およびマネジメントが出来る。

アドバンテックテクノロジーズ社内での運用試験の様子
アドバンテックテクノロジーズ社内での運用試験の様子

ビットメディアは、クラウドベースのB2Bサービスを提供し、電力、放送、通信業界などにおいてアプリケーションを展開する企業である。

今回、アドバンテックテクノロジーズとビットメディアは、COVID-19感染抑制ソリューションをベースにして、日本国内のパブリックスペースやビジネス空間において、より安心で安全、かつ効率的な感染抑制の仕組みを導入および運用できるようにするための実証実験を都内で実施する。

今回の実証実験は、密を避けるために場所の公開は行わないが、主に法人ユーザーからのレビューやフィードバックを得るために、希望する法人は体験することが出来る。

Previous

楽天モバイルとNEC、コンテナ化されたStand Alone方式の5Gコアネットワークの共同開発に合意

東芝、車載カメラと慣性センサを用いた「自車両の動き推定AI」と「他車両の動き予測AI」を開発

Next