スマートねこトイレtoletta、AI獣医師セルフチェックサービス「トレッタAI先生」を提供開始

ねこの尿量と体重を自動測定するスマートねこトイレ「toletta(トレッタ)」を手掛ける株式会社トレッタキャッツは、tolettaが取得するねこのデータをAIと獣医師がみまもり、異常時におしらせする「獣医師アラート」、ねこに関する悩みについて相談ができる「獣医師LINE相談」を提供してきた。

このほど、トレッタキャッツは2020年6月11日よりtolettaユーザーを対象に、LINEを利用したAI獣医師セルフチェックサービス「トレッタAI先生」と、zoomを利用して獣医師や動物看護師に対面で相談ができる「オンライン相談」サービスの提供を開始した。

LINEで症状の緊急度を判定する「トレッタAI先生」

トレッタAI先生は、ねこの症状に関する質問にLINEで答えると、症状の緊急度および関連性がある疾患をAIが判定するサービスだ。ねこの体調がいつもと違うが、今すぐに動物病院へ行くべきなのか判断が出来ない場合、自宅ですぐにチェックすることができる。

関連性がある疾患を説明する判定結果画面
関連性がある疾患を説明する判定結果画面

このサービスは、現役の臨床獣医師が監修およびシステム設計と開発をすべて行った。現在、対象とする症状は、多くのねこに見られる「涙目」のみだが、今後は対象の拡大および判定精度向上に取り組む予定だ。

zoomで個別に「オンライン相談」

オンライン相談は、zoomを使って獣医師や動物看護師に日頃のケアに関する相談ができるサービスである。事前予約制のため、1名ずつ時間をかけてヒアリングし、ねこのケアの仕方に対するアドバイスを行う。第1弾として、数多く相談が寄せられる「フード」に関するオンライン相談をスタートした。

先行予約の受付は既に開始しており、予約枠の増枠については随時対応する予定だ。

Previous

[6/26]製造の現場を止めない、エッジAIによる機械の故障予兆検知 ーブレインズテクノロジー/コネクシオ(無料/ウェビナー)

NTTデータ、先端技術領域の強化のためデジタル技術のグローバル集約拠点を新たに3拠点設立

Next