TED、AIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」の販売を開始

製造業の現場では、品質改善、メンテナンスの効率化、稼働率向上のために設備の状態監視を行う必要があり、AIなどのデータ活用を検討する企業が増えている。一方で、必要なデータ収集、可視化、変化監視、状態診断、通知などのシステムを自社で開発、構築、運用することは技術、コストに加え、時間の負担が大きく、設備の状態監視システムを導入する企業が多くないのが現状だ。

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は、工場設備の状態監視を実現するAIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」を開発し、販売を開始した。

「CX-D」は、工場設備からのデータの収集、可視化、変化監視、状態診断、通知等を行うための汎用的な機能や仕組みを実装しているため、企業の開発やシステム構築の負担を削減し、自社で素早く工場内で完結したシステムを導入し運用することができるという。

また、通常の稼働状態を学習し、工場設備の稼動状態の変化を警告指数としてとらえて検知するAIを標準実装している。工場設備の最適な閾値での変化監視と、判別モデル自動生成マシン「CX-M」で生成した分類モデル、多値モデルを使った状態診断を行うことで、さらに精度の高い予知保全が可能になるとしている。

Previous

住友ベークライトとNEC、AI・IoTなどの導入により製造工程の自立制御を実現

NTT-AT、AIによる異常予兆検知ソリューション「@DeAnoS」を販売開始

Next