エコモット、3密対策向けIoTサービス「アイテル FRESH AIR」を公式オンラインショップにて提供開始

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が5月25日に解除され、6月19日には都道府県をまたぐ外出自粛要請、接客を伴う飲食業、ライブハウスなどの休業要請等も解除された。一方で、更なる感染者拡大を防ぐために、5月4日に厚生労働省が公表した「新しい生活様式」を定着させ、3密回避を始めとした感染防止策を徹底し、「withコロナ」フェーズでの生活様式を早期に確立する必要がある。

このほど、エコモット株式会社は3密対策向けIoTサービス「アイテル FRESH AIR」の提供を開始する。また、既に提供中の混雑状況確認サービス「アイテル」とともに、新たに開設したエコモット公式オンラインショップにて、販売を開始する。

エコモットの「3密対策」IoTサービスラインナップについて

換気おすすめサービス「アイテル FRESH AIR」

小型のIoTデバイスにより室内の二酸化炭素を常時モニタリングすることで、スマートフォンやパソコンで計測値を確認できるほか、設定した閾値をもとに通知を受け取ることができる。飲食店やバーのほか、カメラの設置に抵抗がありそうな宴会場やオフィスの会議室などの密閉空間での利用を見込んでいる。初期費用(CO2計測IoTデバイス)は30,000円、月額利用料金は3,000円。

混雑状況確認サービス「アイテル」

3分毎に店内の混雑状況をクラウドサーバー上でAIが解析をおこない、人数カウントをした結果を、アイテルの公式LINEアカウントから店舗の混雑状況をリアルタイムで確認することによって、来店客が混雑を避けられるようにする。飲食店だけではなく、パン屋やスイーツショップ、病院や歯医者など、人が密集しやすい場所での利用を見込んでいる。初期費用は無料、月額利用料金は4,900円。

エコモット公式オンラインショップについて

サービスのスムーズな導入、クレジットカードなどの様々な支払ニーズへ対応するため、エコモット公式オンラインショップを6月22日に開設した。サービスをオンラインショップで申し込んだ後、1週間程度で各種設定済み機器(ピープルカウンター、CO2計測IoTデバイス)が到着し、ユーザー自身で設置して簡単にサービスを利用することができる。

エコモット公式オンラインショップ
エコモット公式オンラインショップ
Previous

東京海上日動とMaaS Tech Japan、新しいMaaSサービスや保険商品の共同開発に向けた業務提携を締結

IoT人気記事ランキング|2020年版ものづくり白書で注目すべき3つのポイントなど[6/15-6/21]

Next