サンディスク、車載用および産業用「IoT」向けフラッシュストレージソリューションのポートフォリオを拡充

サンディスク株式会社は本日、新しいスマート機能を搭載した車載用フラッシュストレージソリューション「SanDisk® Automotive」シリーズおよび産業用フラッシュストレージソリューション「SanDisk® Industrial」シリーズを4月より出荷開始することを発表した。

これにより、自動車および産業市場において様々なコネクテッド・アプリケーションで生成される膨大なデータに対応するための堅牢でインテリジェントな車載用および産業用フラッシュストレージソリューションのポートフォリオが拡充される。

 

サンディスクの車載用フラッシュストレージソリューションは、「コネクテッドカー」独自の要件に合わせて最適化された車載グレードのSD™カードだ。また産業用フラッシュストレージソリューションは、高い耐久性と信頼性が要求されるアプリケーション向けに設計された産業グレードのSDカードおよびmicroSD™カードである。

両シリーズは、新たにメモリーヘルスステータスモニター、OEMカスタマイズ機能などのスマート機能の追加により信頼性が向上している。これにより、OEMメーカーは、データインテンシブな車載環境および産業環境において、より優れたストレージ管理を実現できるようになる。

 

急成長するコネクテッドカー市場向けの高信頼性ストレージソリューション

自動車のインターネット接続は増加の一途を辿り、今後数年でコネクテッドカーはますます増える見込みであり、これに伴いストレージへの需要も生まれることになる。調査会社のガートナーは、2020年までに市場は次のようになると予想している。

・ コネクテッドカー(インストールベース)が2015年の9倍以上となる
・ 成熟市場における新車の8割がデータ・コネクティビティを実現し、コネクテッド車両の3割がワイヤレスでソフトウェアを機能レベルでアップデートできる機能を内蔵する
・ ネットワーク接続型車載サブシステムの出荷台数が10億台を超える

AEC-Q100認証取得済みの最新のSanDisk Automotive SDカードを使うことで、OEMメーカーは、3DやHD画質のナビゲーションや地図システム、データイベントレコーダー、先進運転支援システム(ADAS)、テレマティクスなど様々な最先端の車載アプリケーション向けに、インテリジェントかつ信頼性の高い大容量ストレージを搭載することができる。この車載グレードのSDカードは、自動車市場で求められる信頼性、品質、温度に対する厳しい要求を満たす。

新しい車載用SDカードには、電源瞬断耐性、メモリーヘルスステータスモニター、OEMカスタマイズ機能のほか、ナビゲーションなどデータ読み出しが頻繁なアプリケーション向けの改良などを含む、スマート機能が新たに搭載されている。自動車メーカーは、これらの機能を活用することで、SanDisk Automotive SDカードの仕様やプログラミングを、個別のコネクテッド・アプリケーション専用に設定できる。また自動車メーカーは、カードを遠隔からプロアクティブにモニタリングし、カードが理想的な性能水準で動作しているかを確認したり、カードのアップグレードや交換が必要な時期を把握したりすることができるため、最も適切な時期にカードを容易に交換することが可能になる。

 

コネクテッド・インダストリアル・アプリケーション向けに最適化されたストレージソリューション

新しいスマート機能は、SanDisk Industrial SDカード、SanDisk Industrial XT SDカード、およびSanDisk Industrial microSDカードの最新版に今回新たに搭載されている。これらの産業用メモリーカードは、工場用アプリケーション、産業用コンピューティング、公共サービス、医療機器、ロボット、POSソリューション、大型印刷を始め、厳しい温度環境下にも耐えうる高い耐久性と信頼性が必要となる市場のOEMメーカー向けに提供される。

今回の新機能により、OEMメーカーは、商用ドローンから産業用ゲートウェイシステム、監視カメラに至るまで、産業市場向けの幅広いアプリケーションで必要とされる大容量データの管理を一層向上させることができる。

出荷開始時期について

スマート機能を搭載したSanDisk Automotive SDカード、SanDisk Industrial SDカード、SanDisk Industrial XT SDカードおよびSanDisk Industrial microSDカードは、サンディスクのコマーシャルビジネスチャネルを通じて、2016年4月より出荷を開始。

これらの製品の容量は最大64ギガバイト。その他の詳細については、サンディスクのホームページを参照。

 

【関連リンク】
サンディスク(SanDisk)

Previous

パナソニック、赤外線アレイセンサ「Grid-EYE(グリッドアイ)」を用いた温冷感センシングソリューションの提供を開始

国土交通省、経済産業省との共同開催の「自動走行ビジネス検討会」で、自動走行の実現に向けて産学官連携で協調して推進する方針を発表

Next