NTTデータ、3Dプリンタを活用したAMソリューション新会社「NTTデータ ザムテクノロジーズ」を設立

株式会社NTTデータは、株式会社NTTデータ ザムテクノロジーズを設立し、2020年7月1日より事業を開始する。

3Dプリンタの販売、保守、ならびに材料の開発、販売を行うとともに、3Dプリンタに適した設計支援を行うDfAM(Design for AM(※1))領域におけるコンサルティングサービス、研磨等の後工程も含めた製造受託の事業を展開する。

また、既存のAM技術に加えて、トポロジー最適化等コンピュテーショナルデザイン(※2)分野のテクノロジーを融合するという。

コンピュテーショナルデザイン分野の進歩により、数値計算を用いた3次元設計技術が高度化し、製品性能の発揮に最適な機能形状を設計することが可能になってきた。その一方で、あまりに複雑な形状は、在来工法では製造が困難という課題があった。

こうしたなかで、昨今の金属AM技術の進歩が、非常に複雑な形状を、適切な品質基準を満たした上で造形することを可能とし、グローバル製造業大手が製造工程のデジタル化のひとつの中核領域として、AM技術への投資を加速している。

NTTデータでは、これまで傘下のグループ会社において3Dプリンタの代理店事業を展開し、さらに近年は複雑かつ強度を要求される部品等の製造受託事業を行ってきた。また、製造業におけるデジタル技術活用の中で、製造プロセスが持つあらゆるデータを分析し、付加価値化するスマートファクトリーの実現や、企画/販売領域におけるデジタルマーケティングの高度化支援に取り組んできた。

これらのナレッジを集めることで、従来にない機能形状の製品製造を実現するとともに、NTTデータが持つデジタル技術を品質安定化や生産効率改善等にも活用し、製造業における革新的な物作りを支援していくという。

今後、海外も含めた先進企業との積極的なアライアンス等により事業拡大を行い、2025年に事業規模100億円を目指す。

※1)AMとは、Additive Manufacturing(アディティブ・マニュファクチャリング)の略であり、3D-CAD等の3次元設計データを元にして、樹脂や金属の粉末を一層ずつ重ねていくことにより、3次元の造形物を製造する技術の総称となる。

※2)トポロジー最適化とは、部品の形を決める際に体積、質量、剛性、振動特性といった要件を考慮しながら最も適した形状を策定する事です。一般にAMは在来工法に比べてより高性能な形状を製造する事が可能です。トポロジー最適化を含め、人手による設計では不可能な複雑で高機能・高性能な形状をコンピューターの支援で設計する事をコンピュテーショナルデザインと言いう。

Previous

日立、サーマルカメラによる発熱者検知システムおよび運用支援ソリューションを販売開始

エッジコンピューティングで俊敏なデータの洞察を行う「インサイトの時代」が来る―HPE Virtual EXPERIENCE 2020レポート

Next