ソニー、ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」一般販売を開始

ソニーは、インナーウェア装着型ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET(レオンポケット)」の一般販売を2020年7月1日より開始した。

同製品は、本体を専用インナーウェアの首元にあるポケットに装着し、Bluetooth接続でスマートフォンアプリから操作することで、本体接触部分の体表面を冷やしたり温めたりすることのできるウェアラブルデバイスだ。

同製品は冷温それぞれ4段階から個人に合わせた温度設定が可能で、季節を問わず使える。

温度の操作にはソニーがモバイル機器の開発を通じて得た熱設計技術を用いており、同製品のために専用設計されたサーモモジュール(ペルチェ素子)に通電することで、急速に冷却・温熱する。

夏の30℃の環境下を想定し、REON POCKETあり・なしで比較した実験では、「REON POCKETあり」の方が、本体接触部分の体表面温度が約13℃下がったという。

ソニー、ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」一般販売を開始

また、同製品はシーンに合わせて「オートモード」「マイモード」「クイック起動」の3つのモードを搭載している。

「オートモード」は、端末に搭載された複数のセンサーにより、本体内部や冷温部の温度、行動を感知し、温度を自動的に調整するモードだ。行動の検出には、ソニーのR&Dセンターが開発した独自のモーションセンシング技術を採用している。歩行動作をリアルタイムに検出できるため、通勤時の使用などが想定されている。

「マイモード」は、COOL/WARMの繰り返しやオフタイマーを設定できるモード。動作時間の設定が可能で、近所への買い物や自宅での使用など活動シーンに応じたパターンを設定できる。

「クイック起動」は、本体のボタンを押すだけで起動するモード。スマートフォンからの操作が不要で、本体単独で手軽に利用できる。

同時に販売を開始する東レインターナショナル株式会社が提供する専用のインナーウェアは、本体が首元にフィットするようにデザインされているため、直接首元を冷やしたり温めたりすることができる。

REON POCKET本体はコンパクトなサイズで約89g。

メーカー希望小売価格は、インナーウェア装着型ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」は13,000円 (税別)、専用インナーウェア(ホワイト、ベージュ)は1,800円(税別)だ。

同製品は家電量販店、雑貨店、ソニーストアおよびEコマースサイトから購入できる。

REON POCKETは、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)/SSAP」から生まれた商品だ。

Previous

DNP、RFID導入に向けた効果検証用の「DNP RFID導入検証支援サービス」を開始

ジェネシス、Android搭載ARスマートグラスを活用したソリューション受託開発を開始

Next