YE DIGITALと西鉄グループ、クリーニング対応ロッカー一体型スマートバス停の実証実験を開始

西日本鉄道株式会社(以下、西鉄)、西鉄バス北九州株式会社、西鉄エム・テック株式会社の西鉄グループ3社と株式会社YE DIGITALは、2020年7月7日から、黒崎バスセンターにおいて、株式会社AiCTが展開する無人クリーニングサービス「LAGOO(ラグー)」のロッカーと一体となったスマートバス停の実証実験を開始する。

同実証実験は、西鉄が2019年7月~10月に開催したオープンイノベーションプログラム西鉄Co∔Lab「BUS STOP3.0」において、三井物産株式会社とAiCTから提案されたもので、同プログラムを通じた具体的な取り組みの第1弾となる。
[参考記事]西鉄グループとYE DIGITAL、「スマートバス停」の普及に向けたビジネス共創パートナーを募集

「LAGOO」は、専用のスマートフォンアプリと連動するロッカーを活用して、受付から受け取りまでを完全非対面・キャッシュレスで利用できるクリーニングサービスだ。「LAGOO」のロッカーとスマートバス停を一体化し、北九州市内の主要交通結節点である黒崎バスセンターに設置することで、利用者が通勤通学や外出の動線上で、都合の良い時間にクリーニングサービスを利用できる環境を整える狙いがある。

同実証実験は、約6ヶ月間という期間で行われる。

Previous

[7/14] ソラコム Discovery 2020 ONLINE 開催、IoT最新動向と活用事例を紹介(無料/ウェビナー)

エクサウィザーズとシチズン時計、ユーザーに合ったシチズン腕時計をレコメンドする「AIウオッチレコメンド」サービスを提供開始

Next