東レとNEC、製品の品質検査情報をサプライチェーンで共有する品質データ基盤を構築

あらゆる産業でデジタル化が急速に進展する中、製造業においてもデジタル技術を活用し、信頼性向上と業務効率化の両方を実現することが国際競争力を強化していく上で重要になっている。

東レ株式会社と、日本電気株式会社(以下、NEC)は、製品の品質検査情報をデジタルデータで収集・共有する品質データ基盤を構築した。

具体的には、東レが検査機器から抽出した製品の品質検査情報をデジタルデータとして収集・保存し、NECとともに構築した品質データ基盤を通じてこれらの情報をサプライチェーン上で共有を行う。この共有プロセスには人手が介することはなく、品質検査情報の信頼性向上と品質保証業務の効率化につながるとしている。

また、検査結果の過去情報を同基盤に集約しているため、品質の傾向を見える化し、グラフ形式で確認することができる。この傾向を顧客と共有することで、顧客は自社製品の品質調査の際にデータを活用することができる。例えば、示された品質傾向のデータを活用して、JISの異常判定ルールに則った異常検知を行うことが可能になり、分析の負荷が軽減されるという。

東レグループでは、既に生産拠点の一部においてこの品質データ基盤を導入し、品質検査情報の信頼性向上と品質保証業務の効率化に取り組んでいるとしている。

Previous

[8/25]UPDATA製造業 vol.1 ビジネス×ドコモ5G ーウイングアーク1st、NTTドコモ(無料/ウェビナー)

第一生命と富士通、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発

Next