キヤノン、AGVやAMRなどの移動ロボットに使用できる「Visual SLAM技術」を含む映像解析ソフトウェアを提供開始

キヤノン株式会社は、カメラを用いて自己位置推定と環境地図作成を同時に行う「Visual SLAM技術」を含む映像解析ソフトウェアを2020年8月5日から提供開始した。

「Visual SLAM技術」は、撮影された映像から周囲の環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定する。水平面と垂直面のどちらも幅広い画角で撮影されたカメラの映像データを用いるため、レイアウト変化の多い現場でも高精度に位置姿勢を計測することができるという。

キヤノンは、同映像解析ソフトウェアを協業メーカーに提供することで次世代AGV(Automated Guided Vehicle:自動搬送台車)やAMR(Autonomous Mobile Robot:自律走行搬送ロボット)に代表される移動ロボット市場に参入するとしている。第1弾として、日本電産シンポ株式会社が発売を開始する自動搬送台車「S-CART-V」シリーズに、キヤノンが開発した映像解析システムを提供している。

Previous

MUJIN、物流倉庫の完全自動化を促進するロボットセンターを公開

IDC、2019年~2024年の国内デジタルマーケティング関連サービス市場は年間平均成長率4.8%で成長と予測

Next