日通、Rapyuta RoboticsのAMRを使用した倉庫向け協働型ピッキングソリューションの本稼働を開始

日本通運株式会社(以下、日通)は、レイアウト変更やマテハンの更新をせずに導入可能な自律協働型ピッキングロボット(以下、AMR)の導入に向け、2018年10月からRapyuta Robotics株式会社と共同で開発を進めてきた。

2019年6月からは、ダイキン工業株式会社の製品保守サービスのパーツセンター業務を行っている物流センターにおいて実証実験を開始し、2020年6月には10台のAMRを配置し、実証実験や機能開発を進めてきた。

日通は、2020年7月、東京都内にある日通品川支店の物流センターでAMRの稼働を開始した。また、ダイキン工業の物流センターにおいても8月から稼働を開始するとしている。

日通は、AMRを導入する際の課題の解決とより現状に近いピッキング作業を実現するための仕組みの構築に向けて、AMRの性能向上やピッキング業務における必要な機能の追加など、物流に関するノウハウをRapyuta Roboticsと共有してきた。

順次実験を繰り返しながら準備を進めてきたことで、導入目的であるピッキング作業の効率化や生産性向上、作業者の負荷軽減を図るなどの効果が得られることが確認できたとしている。

また、改良を重ねたことで操作性や画面表示も向上し、作業の可視化も実装されたことから、誰でも作業を行える環境が整備され、作業者への業務教育の時間短縮など、間接的な効果も図られるとしている。

Previous

ミスミ、中小製造業への支援策発表、7月中旬から新生meviyがスタート

東芝エネルギーシステムズ、「省電力無線IoTソリューション」のデータ収集サービス事業を開始

Next