IIJ、産業機械や工場設備をIoT化する「IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント」を提供開始

製造現場では、生産ラインや設備稼働の見える化が進んでいないのが現状だ。複数ベンダーの設備が混在するためデータの取得方法を一元化できない、デジタル化を推進するためのノウハウや技術要員が不足しているなど、IoT導入の障壁はさまざまである。

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、産業機械や工場設備をIoT化するための各種デバイスから、セキュアなネットワーク、クラウド、さらにデバイス管理機能やデータを見える化するアプリケーションまでを包括的に提供するソリューション「IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント」を2020年8月31日から提供開始した。

同ソリューションは、産業機械・計測器メーカー向けの「Machinery」と、工場設備・生産管理部門向けの「Factory」の2種類を利用者別に用意している。

IIJは、アドバンテック株式会社との協業に基づき、アドバンテックの産業IoT向けプラットフォーム「WISE-PaaS」にIIJのセキュアなネットワークとクラウドサービスを組み込んだ「WISE-PaaS IIJ Japan-East」を共同開発し、IIJのクラウド「IIJ GIOサービス」上で提供している。

今回提供開始された同ソリューションは、同プラットフォームにエッジデバイスやネットワーク機能を組み合わせ、以下をワンストップで提供するとしている。

  1. 産業機械、工場設備の稼働情報を取得するための各種エッジデバイス(アドバンテック製ゲートウェイ機器、産業PC、センサー等)
  2. 稼働情報のクラウドへのアップロードや、各種エッジデバイスへリモートアクセスするための閉域ネットワーク(IIJモバイルサービス、IIJ IoTサービス)
  3. 稼働情報を収集・蓄積し、見える化を行う産業用クラウドおよびアプリケーション(WISE-PaaS)

同ソリューションは、IoT化に必須となるコンポーネントをフルカバーしたソリューションを、ネットワークを一体化して提供するものだ。

IIJは、同ソリューションを活用することにより、工場設備の故障やトラブル発生をリモートで早期に検知でき、設備稼働率の最大化による生産性の向上、設備保守の効率化とコスト削減を実現できるとしている。

Previous

ソフトバンク、IoT宅配ボックスサービスの事業化に向けて実証実験を実施

ソフトバンク・双葉電子・東京工業大学、ドローン無線中継システムを用いた遭難者などの位置特定の実証実験に成功

Next