MagicalMove、自動走行ロボットと連携可能な配送管理サービス「Scalle」を提供開始

企業:

物流業界では、近年の労働人口の減少によるドライバー不足に加え、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で宅配需要や非対面での受け渡しニーズが高まり、ロボットを活用した配送業務の自動化および効率化が注目されている。

ソフトバンク株式会社のグループ会社であるMagicalMove株式会社は、ECサイトの商品配送を自社で行う小売事業者や、運送事業者などの配送業務を行う企業向けに、自動走行ロボットと連携可能な配送管理サービス「Scalle」の提供を2020年9月2日から開始した。

「Scalle」は、MagicalMoveが提供するAIを活用した宅配サービス事業「Scatch!」で培ったノウハウを生かして開発されたもので、管理者向けの配送管理アプリケーションの他、荷物を受け取るお客さま向けのスマートフォンアプリなどをクラウド型で提供するものだ。

自動走行ロボットの個体管理や位置情報管理、AIを活用したロボットの自動割り当て機能などを備えた管理者向けの配送管理アプリケーションの他、AIが予測した荷物の到着予定時刻や配送状況を確認できるお客さま向けのスマホアプリなどをワンストップで提供する。

さらに、配送管理アプリケーション上での注文データの登録や配達日時の編集など、一般的な配送業務の効率化に役立つ機能も数多く備えており、自動走行ロボットと連携せずに利用することも可能である。

Previous

プラントシミュレーションで工場のKPIを具体的に改善する ーシーメンス 小林氏

電通、企業のDX課題を抽出し課題解決を支援するサービス「Dentsu Digital Transformation診断」を提供開始

Next