マクニカ、AIの技術検証から運用開始までを実現する「Re:Alize.macnica.ai」を提供開始

AIプロジェクトにおいて、投資金額や必要な期間が不明瞭なため、導入に踏み切れなかったり、プロジェクトが中断し、本格的なAI活用にまで至らなかったりするケースが多くある。AI白書2020においても「AIを導入/検討する上での課題」に対して、40.8%の企業が「導入効果が得られるか不安である」と回答している。

株式会社マクニカは、「Re:Alize.macnica.ai」(以下、Re:Alize)を提供開始した。

「Re:Alize」は、AIの技術検証から運用開始までを最短1か月で実現し、その後の継続的な保守・運用をサポートするサービスだ。

マクニカのAI事業である「macnica.ai」のAI専門家組織「AI Research & Innovation Hub」がAIプロジェクトを支援する中で得た知見やノウハウをもとに、AI実装のためのライブラリをライセンス化し、AI導入から運用までの各フェーズをモジュール化したサービスである。

マクニカは、「Re:Alize」を使用することで、AI導入の初期段階からフェーズごとに明確な期間と投資金額を把握した上でプロジェクトを推進することができ、最短で効果検証を実施することが可能となるとしている。

Previous

中外製薬とNTTデータ、AI技術を活用した治験関連文書の作成効率化ソリューションの実証実験を完了

羽田みらい開発・鹿島建設・マクニカ他2社、自律走行バス「NAVYA ARMA」の定常運行を開始

Next