コネクシオ、製造業向けワンストップIoTソリューション「Smart Ready IoTソリューションセット」4種を販売開始

コネクシオ株式会社は、製造業における「Withコロナ時代の働き方改革」と「現場の課題解決」を実現するワンストップIoTソリューション「Smart Ready IoTソリューションセット」4種類を2020年10月14日から販売開始する。

同ソリューションセットは、コネクシオがこれまでIoTシステム開発や共同実証実験を行う中で蓄積された、現場の課題に即したノウハウをを「課題解決型ソリューション」として提供するため、センサーからゲートウェイ、通信、アプリケーションまでをオールインワンパッケージ化したものである。

同ソリューションセットは、

  1. ポンプ設備の安心パック
  2. メーター読み取り
  3. 装置機器の遠隔監視
  4. SpaceTime scene analytics

の4種類がある。

ポンプ設備の安心パック

振動センサー、電流センサー、絶縁劣化監視センサーによりデータを自動収集し遠隔監視を行う。スマホ対応振動センサーも提供されるため、遠隔監視だけでなく、巡回点検の効率化を実現するとしている。

これにより、ポンプの突発停止を防ぎ、生産ラインのロスを減らしたり、保守点検・巡回業務を省力化したりする目的があるという。

また、オプションのAIを使用することで、故障予測検知が可能になる。

メーター読み取り

カメラでアナログメーターなどを読み取り、デジタルデータ化することにより、古い機械のIoT化を支援する。人手による保守点検や紙への記録業務の手間を軽減するという。

また、エッジコンピューティングゲートウェイ「CONEXIOBlackBear」に対応している。ゲートウェイ1台あたり10台のネットワークカメラ、最大100個のメーター認識を新規サポートすることで、カメラ設置の自由度とコストパフォーマンスが向上しているという。

装置機器の遠隔監視

装置機器情報の一元監視が可能な見える化アプリケーションを提供する。

また、産業用マルチプロトコル設定画面を実装しているため、接続したいPLCに設定が可能である。また、取得したデータをクラウドサーバへ送信する簡単設定画面も搭載されている。

SpaceTime scene analytics

現場に設置された動画解析ユニットによって、カメラからの画像をエッジで分析を行う。以上があった場合はクラウド側に通知する。

Previous

データサイエンスを活用できるビジネスマン育成への挑戦 ―滋賀大学 河本薫教授インタビュー

ゼンリン、AI自動配車と住宅地図データを活用して運送・配送業務の効率化を支援するサービスを提供開始

Next