ソフトバンクと日通、物流DXを支援する新会社を設立し物流事業者向け配車支援サービスを提供開始

ソフトバンク株式会社と日本通運株式会社(以下、日通)は、物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck株式会社」を、2020年4月2日に共同で設立した。MeeTruckは、トラック輸送を担う物流事業者向け配車支援サービスの提供を2020年10月15日に開始した。

物流事業者は従来、トラックの割り当て作業やスケジュール管理を紙やホワイトボードへの手書きで行うことが多く、配車業務の効率化が課題となっている。また、システムを導入する場合も、導入・管理コストや運用の負担が大きく、デジタル化が進みにくい状況がある。

今回MeeTruckが提供する配車支援サービスは、受注した運送業務の案件登録やトラックの割り当て、勤務計画表の作成などを、場所や時間にとらわれずウェブアプリケーション上で行うことができ、デジタルデータとして一元管理することが可能だとしている。

また、第2弾のサービスとして、トラック輸送を担う物流事業者および荷主企業向けに、両者をつなぐマッチングサービスの提供を2021年度中に予定しているという。

マッチングサービスにより、貨物を探す物流事業者と、トラックを探す荷主企業が、それぞれの条件に合う貨物やトラックを簡単に見つけることができる。将来的には、配車支援サービスの提供により得た知見やデータを基に、AIなどの先端テクノロジーを活用し、サービス利用者のニーズや傾向に応じた、より高品質なマッチングの実現を目指すとしている。

Previous

[10/22,23]Innovation Talks ーアドバンテック(無料/ウェビナー)

富士通とサイバーエージェント、医薬品の安全な配送を実現するオンライン服薬指導向け情報連携プラットフォーム構築に向けた共同実証プロジェクトを開始

Next