オプテックス、自動ドアの利用状況を遠隔モニタリングする自動ドアデータプラットフォームを提供開始

日本国内の自動ドアの安全規格として制定されている「JIS A 4722」は、メーカーをはじめとする関係各社が自動ドアの安全対策として取り組むべき内容が明確化され、CAN通信を用いた機器同士の相互監視を行うなど、これまで以上の安全対策が要求されている。

「JIS A 4722」は、自動ドアを構成する要素の商品設計・製造から施工、自動ドアが安全を維持し稼働できているか運用管理者による保守点検に至る全行程が対象範囲となる。

オプテックス株式会社は、CAN通信を用いた自動ドアシステムにIoT技術を組み合わせ、データを伝送するゲートウェイ、設定アプリ、各種データ保存サーバーで構成された自動ドアデータプラットフォームを、2021年1月より提供開始する。

収集したデータを活用することで、現場から離れた場所でも自動ドアの利用状況がリアルタイムに可視化でき、機器や設備の予防保全や保守サポートの効率化を図ることが可能となるとしている。

同プラットフォームを活用するサービスの第一弾として、自動ドア装置の販売、施工、保守メンテナンスを行うフルテック株式会社と共同開発した、遠隔モニタリングシステムによる自動ドア保守契約サービスがある。各種自動ドアシステムから取得したデータをオプテックスのサーバーを介しフルテックのサーバーに送信、そのデータを活用して故障、予兆、保全対応を行うものである。

現在、自動ドアは継続的な維持管理のために、定期的に担当者が現場に出向き確認・点検を行っているが、同システムを導入することで、遠隔でリアルタイムに現場の状況が把握でき、効率的なメンテナンスを実現できるようになるという。

Previous

都産技研、ローカル5G・ロボット・IoT技術を総合的に支援する「DX推進センター」をオープン

オプティムの遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」、Web会議システムとの連携機能提供を発表

Next