三菱重工、ベンチャー企業やものづくり企業などが集う共創空間「Yokohama Hardtech Hub」を開設

三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)は、ベンチャー企業やものづくりに携わる企業、自治体、教育機関などが集う共創空間として「Yokohama Hardtech Hub」(以下、「YHH」)を神奈川県横浜市の本牧エリアにオープンした。社会実装に向けたハードテック(Hardtech)の革新的なアイデアの創出とその実現の為、共創を通じて新しい技術やビジネスが生まれる場となることを目指すとしている。

ハードテックとは、AIやIoT等のデジタル技術革新と量子・材料設計・微細加工・バイオ等のフィジカル技術革新を組み合わせ、試作と検証の繰り返しが重要となる技術領域で、今後の機械システム進化の中核となるものだという。

「YHH」は、三菱重工の横浜製作所本牧工場内の建屋を利用し、クレーンや電源等のユーティリティ、8メートルを超える天井高さや高い地耐力など、ハードテック企業のモノづくりに対応できる設備があるという。その他、イベント開催が可能な多目的スペースや会議室などビジネスに必要な設備も兼ね備えている。

現在は、ベンチャー企業などの入居を募集しているほか、試作・検証の環境整備のため、熱真空試験装置、温度サイクル試験機、振動試験装置などの設置を進めているとしている。また、共通課題の解決や共創活動に向けた「YHH共創イベント」を、2020年12月から定期的に開催していくという。

Previous

製造現場のデータを手軽に可視化 ーアドバンテック WISE-PaaS/Dashboard

ソフトバンク・Dell・ヴイエムウェア、5Gの通信基盤の構築に合意

Next