ノジマとNTT東日本、IoTセンサーを活用した安心・安全な店舗運営に向けたテストマーケティングを実施

新型コロナウイルス感染症の流行により、混雑改善や密集回避などの新たな店舗運営が求められている。

株式会社ノジマと東日本電信電話株式会社神奈川事業部(以下、NTT東日本)は、より安心・安全な店舗運営の実現を目的に、ノジマが運営する横須賀市内のノジマ横須賀店において、IoTセンサーを活用して売り場内の混雑状況の見える化を行い、混雑時間帯や混雑箇所を特定し、混雑改善や密集回避を行うテストマーケティングを実施する。

検証項目は以下の3項目。

  1. 安全な利用者通路の確保
    IoTセンサーを通じて人通りが多い動線を発見し、通路の幅を広げる等の改善により、密集回避につなげる。
  2. 密集回避による安心した売り場づくり
    売り場ごとの集客状況や滞在時間を分析し、閑散箇所にてイベントを打つ等を行い、密集の回避につなげる。
  3. 店舗内の混雑状況見える化・発信
    店舗内の現在の混雑状況や今後の混雑予測を行い、利用者が安心して来店できるような情報発信を行う。
Previous

小田急電鉄とセコム、「BOCCO」を活用したコミュニケーションサービスの実証実験を開始

NTTデータ イントラマート、DXのための業務プロセス可視化を推進する認定資格講座を開始

Next