スマートドライブとソラコム、プラットフォーム間連携と協業ソリューションの開発を開始

株式会社スマートドライブと株式会社ソラコムがプラットフォーム間連携と協業ソリューションの開発を開始した。

同連携により、ソラコムが提供するIoTプラットフォームSORACOMからスマートドライブが提供するMobility Data Platformとのデータ連携が可能になった。

ソラコムが提供するIoT通信、SORACOM認定デバイス/リファレンスデバイスから得られたIoTセンサーのデータと、スマートドライブが収集・解析する移動データをかけ合わせることで、⾞両管理による業務効率化や移動データを活⽤した新サービス、地域の移動をつなぐMaaSまで、幅広い分野における「IoTx移動」のアイデア実現をサポートするという。

両社は、共に移動データ活⽤拡⼤を⽬指し、各専⾨分野の技術をより使いやすく提供するとともに、MaaS分野での新たな協業ソリューションの開発・提供を⽬指し、連携を進めていくとしている。

Previous

MODE、様々なデータをクラウドへ収集可能な「Stream Data Store」を提供開始

京阪電鉄不動産とショウタイム24、住戸の内見を非対面で行える「無人内見システム」を開発

Next