大成とMira Robotics、アバターロボットugoを活用した次世代DX警備ソリューション「T-Spider」の提供を開始

大成株式会社とMira Robotics株式会社は、アバターロボットugoを活用した、次世代DX警備ソリューション「T-Spider」の提供を開始する。

2019年から両社で継続実施していた警備ソリューションに向けての実証実験は2020年12月末に終了予定で、2021年1月よりサービス提供を始めるとしている。

「T-Spider」は、警備業務を見える化し、テクノロジーを統合して高度なセキュリティを提供する、次世代DX警備ソリューションのプラットフォームだとしている。

警備業務で必要とされる現場での報告をタブレット上で入力してデータの蓄積を行い、日々の報告書を作成し、施設管理者にプラットフォーム上で即時共有を行う。またugoのセキュリティ特化モデルである「ugo TS-P」との連携により、ugoの巡回業務後に、巡回報告のレポートを自動作成することで、ugoによる警備業務の仕事の幅を広げるという。

今後は、屋内自動飛行ドローンや監視カメラ、受付サイネージボードなどの様々なデバイスとの連携を図るとしている。

Previous

「ポストスマホ時代」を見すえた、LINEのAI開発の現在 ―LINE AIカンパニーCEO 砂金信一郎氏インタビュー【前編】

日立、DXの実現およびQoLの向上に向けたオープンイノベーションを加速するパートナー制度「Lumadaアライアンスプログラム」を開始

Next