パナソニック、AIネットワークカメラ単体で車両ナンバーを認識するナンバー認識システム「NumberCATCH II」を発売

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社(以下、i-PRO)は、ナンバー認識システム「NumberCATCH II」を12月より発売し、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社を通じて販売を行う。

「NumberCATCH II」は、i-PRO製のAIプロセッサー搭載ネットワークカメラ(以下、AIネットワークカメラ)単体で車両のナンバープレートを認識してデータ化し、映像監視ソフトウェアにデータを蓄積して、検索と照合を行うことが可能なシステムだ。

図柄やアルファベット文字が含まれる車両ナンバーの認識にも対応し、最大2つまで検知エリアを設定して、ナンバー認識が可能である。赤外線投光器と組み合わせることで照度ゼロルクスの環境でも車両ナンバーをデータ化する事が可能だ。

AIネットワークカメラで読み取った車両ナンバーのデータは、PC上で稼働する映像監視ソフトウェアと専用の拡張ソフトウェアにより、データを蓄積し、予め登録しておいた情報との照合や、条件による検索を行うことができる。照合時にはディスプレイに表示するだけでなく、ゲートの開閉動作を行うなどの接点出力による外部機器との連携も可能だとしている。

また、設計や設定を支援するツールも用意されていて、カメラの設置位置のシミュレーションや設定時間の短縮が可能である。

Previous

ホンダ、自動運転レベル3型式指定を国土交通省から取得

NEC、ドライブレコーダーとAIで道路の劣化状態を診断するサービス「くるみえ for Cities」を提供開始

Next