MONET・広島大学など、自動運転車で小売りMaaSを実現する「Autono-MaaS」の実用化に向けたプロジェクトを開始

東広島市、広島大学、株式会社イズミ、MONET Technologies株式会社(以下、MONET)の4者は、スーパーマーケットなどと連携した小売りMaaSを自動運転車で実現する「Autono-MaaS」の実用化に向けたプロジェクトを2021年2月から開始する。

同プロジェクトは、内閣府により「SDGs未来都市」に選定された東広島市が目指す、住み続けられるまちづくりの推進と、自動運転時代を見据えた国際学術研究都市の実現に向けて実施するものだという。子育て世代や高齢者などの買物を支援するサービスの実証を目的として、広島大学の学生および教職員や近隣の住民を対象に、西条町下見および西条下見地区を中心としたエリアにおいて、実証実験に段階的に取り組むとしている。

同プロジェクトに先駆けて、東広島市、広島大学およびMONETは、自動運転社会を見据えたデータ収集を目的に、広島大学東広島キャンパスや周辺地域において定時定路線およびオンデマンド型の「広島大学循環バス」を、2019年10月から2020年7月まで運行した。

また、2020年11月からは、東広島市の住民などが安心して買物に出掛けられるよう、車内におけるパーソナルスペースの確保と換気に配慮したMONETの「パーソナルベンチレーションキット」を架装した車両で、オンデマンド型の「広島大学循環バス」を運行している。MONETのアプリで乗車予約をすることで、総合スーパー「ゆめタウン学園店」を含むバス停で誰でも乗降することが可能である。

「Autono-MaaS」の実用化に向けた同プロジェクトでは、これまでのバスの運行において収集したデータを活用し、より利便性の高いサービスを実証することを目指しているとしている。

同プロジェクトでは4つの実証実験に段階的に取り組むという。

  1. 1台のオンデマンドバスでスーパーへの送迎と商品の宅配を同時に行う実証実験
    MONETのスマートフォンアプリでの予約に応じて、自宅などの任意の場所から「ゆめタウン学園店」への送迎を行う手動運転のオンデマンドバスを運行する。また、電話などで注文を受け付けた「ゆめタウン学園店」の商品を、モニターが指定する場所・時間にこのオンデマンドバスで配送する実証を同時に行い、貨客混載の運行による新しい買物支援サービスの実現に向けて取り組むとしている。なお、オンデマンドバスの車両には、MONETが開発した「マルチタスク車両」を使用するため、シートを外すことで大きな荷物の配送や車椅子での乗車も可能である。
  2. 自動運転シャトルの実証実験
    米国May Mobility社が開発した自動運転車を使用して、広島大学の東広島キャンパス内で定路線の自動運転シャトルを運行する。広島大学の学生・教職員は、キャンパス内の移動手段として自動運転シャトルを自由に利用できるという。
  3. 「BOPIS」などの実証実験
    モニターがイズミに電話で注文した「ゆめタウン学園店」の商品を、店頭に設置したロッカーなどで受け取れるサービス「BOPIS(Buy Online, Pick-up In Store)」を実施する。店頭へは、実証実験1で運行するオンデマンドバスをMONETのアプリで予約して移動することができる。
  4. 小売りの「Autono-MaaS」の実証実験
    実証実験2で自動運転シャトルの運行の安全性を確認した上で、広島大学の東広島キャンパスと「ゆめタウン学園店」を結ぶルートにおいて、May Mobility社の自動運転シャトル1台を定路線で運行し、モニターの送迎とイズミのアプリで注文を受け付けた「ゆめタウン学園店」の商品の配送を同時に行う予定だという。
Previous

マテリアルズ・インフォマティクスで新たな材料の開発を支援する ー長瀬産業 折井靖光氏インタビュー

AWS、5つの産業向け機械学習サービスを発表

Next