[12/18 無料ウェビナー] DX実現への第一歩! すばやく簡単に導入できるAI・IoTの活用方法

PR

ニューノーマルに対応した環境づくりはどのように行えばよいのか?

・「DXへの取り組みとしてAIやIoTを活用したいが、どのようなことから始めればいいのかわからない」
・「AIやIoTを扱うには、専門的な知識が必要で難しそうだ」
・「ニューノーマルに向けた環境づくりをしても、難しい仕組みだと定着化しない」

AIやIoTを活用したいと検討されているお客様は、このような課題・悩みをお持ちではないだろうか。

そこで本セミナーでは、IoT技術などを活用したセンサーによる現場の監視と、カメラにより得た画像情報をAI技術にて分析し、それらのデータをもとにアラートを通知したり、画面でリアルタイムのデータを共有するような仕組みを簡単・効率的に実現する方法をご紹介する。

ニューノーマルな環境への対応、ビジネスの自動化・省力化、DXで必要となる人の動きや実環境の情報など多元的なリアルタイムデータ活用による現場監視のあり方をいくつかのユースケースを織り交ぜながらわかりやすく解説する。

こんな課題を抱える方におすすめ

・Withコロナ、ニューノーマルに対応するための自動化、省力化ソリューションを検討
・センサーやカメラを活用して「人の接触」を削減したい方
・施設などの状況を遠隔から収集、活用したい方
・迅速かつ簡単にAIやIoT技術を実装、運用したい方
・センサーやカメラで収集した各種情報を他のシステムに接続し活用したい方

開催概要

DX実現への第一歩!すばやく簡単に導入できるAI・IoTの活用方法とは?
配信日時 : 2020年12月18日(金)15:00~16:10
参加費  : 無料(事前登録制)
主 催  : 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
協 賛  : アステリア株式会社

プログラム

(1)はじめに
(2)最新エッジインフラ“Gravio”により簡単に実装・運用できるAI/IoTの統合利活用(アステリア株式会社/垂見 智真)
(3)誰でも簡単にAI/IoTを導入する方法と具体的なビジネス活用例(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社/松沼 達也)
(4)Q&A

 

 

Previous

ウミトロン、スマート魚体測定システム「UMITRON LENS」を開発

YE DIGITALと九電ビジネスソリューションズ、DX推進に向けた協業を開始

Next