無料トライアル受付中~AIを用いた『文字起こしサービス(ベータ版)』評価を行うモニター募集開始

PR

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下:NTTPC、代表取締役社長:田中基夫、本社:東京都港区)は、 AIを用いた文字起こしサービス(ベータ版)の無料トライアルの提供を開始し、あわせてベータ版サービスの評価を行うモニターの募集も開始した。

ニューノーマル時代の到来により、ビジネスのあらゆるシーンでオンライン化の波が押し寄せてきており、ビジネスにおけるコミュニケーションの現場では、Web会議が採用されることでの新たな課題が見えはじめている。

<新たな課題>
・Web会議の音声に会話メモを作成するためのキーボードタッチ音が雑音として入る
・会話を音声ファイルとして録音しても使い勝手が悪い
・グローバル化の影に潜む多言語の

今後更に企業内のコミュニケーションの重要度が高まっていくことから、これらの課題を払拭したスマートなコミュニケーションを実現することが求められている。

特長

(1)Web会議向けにチューニングされたAIを用いた音声認識文字起こしサービス
(2)面倒なアドオンソフト(ステレオミキサー)不要でWeb会議の自分/相手の話者を識別
(3)海外6ヶ国語の双方(自分/相手)同時翻訳

NTTPC文字起こしサービス利用イメージ
NTTPC文字起こしサービス利用イメージ

想定利用シーン

(1)1on1ミーティングでのメモ取り

1on1ミーティングでは、会話の当事者は自分と相手の2人だけ。自分が話していない時は、相手の言葉を聞いていることがほとんどである。本サービスでは、文字起こし結果のテキストが会話形式で表示されるため、ミーティング時に会話に集中することが可能だ。

(2)言語の異なる方との会話

最近では同じ職場に異なる言語を使用される方がいることも珍しくない。そのような方とのコミュニケーションをスムーズにするためには言語の壁を超える必要がある。本サービスでは会話を構成する「自分」と「相手」それぞれに対して話される言語(翻訳前の言語)と翻訳後の言語を設定できるため、スムーズなコミュニケーションを補助することが期待できる。

トライアルで、ぜひ体感してもらいたいこと

海外で開催されるセミナーや動画配信サイトで配信されているコンテンツには日本語への翻訳がまだ提供されていないケースがある。本サービスでは、動画コンテンツの音声を対象に文字起こしと同時翻訳を行うことが可能なため、外国語で発信されている企業の動画コンテンツの視聴などが手軽にできるようになる。

モニター募集

NTTPCでは、ベータ版サービスの検証を行うモニターを募集中

対象:プロシューマー、企業に属しておりAIを用いた業務改善に関心のある方

詳細は下記サイトをご確認ください。

詳細お申込みはこちら1

▶文字起こしサービス(ベータ版)無償トライアル特設サイト
URL:https://support.coenote.nttpc.co.jp/hc/ja

 

Previous

慶応義塾大学病院・中部電力など、糖尿病・肥満症外来において血糖のクラウド管理システムを用いた遠隔診療を開始

IIJ、LoRaWAN対応のため池用水位センサーおよび静止画カメラを提供開始

Next