ウイングアーク1st、AI OCRの非定型対応を実装したドキュメント管理ソリューション「SPA Cloud」最新版を提供開始

ウイングアーク1st株式会社は、ドキュメント管理ソリューション「SPA Cloud」の最新版を提供開始した。

従来のAI OCR機能では、文書読み取り時に対象ページ領域を座標指定し、さらに同様の項目を持つがレイアウトが異なる取引先ごとにOCR定義を作成する必要があった。

同ソリューションの最新版では、 従来のAI OCR機能を活用した手書き伝票を含む定型帳票のデータ化に加え、非定型帳票のデータ化を実現した。同対応により、上記の制約が解消され、データ入力業務の効率化、工数削減が実現される。

その他、 同ソリューションを導⼊した企業同⼠での文書連携が可能になるフェデレーション(共有アカウント)機能など企業のDXを促進する機能を多く実装しているとした。

Previous

電通デジタル、日本企業の74%がDXに着手しコロナ禍で加速するも推進の障壁はDX人材の育成と発表

野村グループ・NICT・東芝・NEC、金融分野のサイバーセキュリティ強化に向けた量子暗号技術活用の共同検証を開始

Next