[1/27]ソラコム主催、具体的な事例とともにIoTプロジェクトの進め方を学ぶ、すぐにはじめる簡単IoT入門

PR

株式会社ソラコムは、2021年1月27日(水)、IoTプロジェクトの進め方を学ぶオンラインセミナー「Hello SORACOM」を開催する。

本セミナーシリーズでは、IoTを活用するゲストを招き、IoTプロジェクトの進め方を紹介してきた。今回は「すぐにはじめる簡単IoT」と題して、紙に書いていた記録のデジタル化や、設備の点検業務、状況に応じた呼び出しなど、現場の業務改善に役立てることができるIoT活用事例を中心に紹介する。

現場でIoTを活用する3社のゲストが登壇

今回は、IoTで業務の効率化や、サービスの付加価値向上に取り組む、3社のゲストを招き、IoTプロジェクトをはじめる経緯、導入のプロセスと効果、今後の展開について紹介する。

■株式会社GEクリエイティブ:IoTを用いた勤怠管理
「すべての人が簡単に打刻ができる」を目指した勤怠管理システムを開発しているGEクリエイティブでは、スマートフォンを持たない人でもボタンを押すだけで簡単に勤務時間を打刻できるシステムをIoTで実現している。

■株式会社フィリップス・ジャパン:スマホアプリ「MySOS」と連携したIoTボタン
ヘルスケア製品や医療機器のIoT化を進めるフィリップス・ジャパンでは、心肺停止などの急病人が発生したときに、SOSボタンを押して救援を依頼し、建物内や近隣の方々のスマホアプリに、救援を必要としている場所が一斉通知されるサービスにIoTボタンを活用している。通知を受け取った人は、現場へ駆けつけ、迅速に救護活動を開始することができる。

■株式会社東急スポーツオアシス:IoTでフィットネス設備の状況を把握、点検を自動化
全国でフィットネスクラブを運営する東急スポーツオアシスでは、フィットネスクラブの設備管理にIoTを導入し、自動検針・設備異常の把握など、これまでに人手や勘に頼っていた様々な業務を自動化し、スタッフは人にしか出来ないサービスの提供に注力できるように業務を改善した。この取り組みのプロセスとともに、店舗スタッフ、設備担当、情報システム担当のコラボレーションにより生まれたIoTの取り組みについて紹介する。

省電力通信のLTE-M通信を簡単に使える「SORACOM LTE-M Button」


上記で紹介した取り組みでは、ソラコムのデバイス通販サイト「SORACOM IoT ストア」で提供している、セルラー通信搭載のIoTボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button」シリーズを利用して、スピーディにIoT活用をスタートしている。省電力が特徴の通信規格LTE-Mを利用して、乾電池を入れて設置すれば、すぐに利用できる。

ソラコムのセッションでは、紙による記録の置き換えや、新たな呼び出しの仕組みなど、現場業務での活用シーンを想定した、具体的なIoTシステム開発のプロセスをご紹介する。希望者は、実際に手を動かして学ぶハンズオン「作ってみよう!IoTワークショップ」を受講し、具体的なステップを学び、実践に生かすことができる。

なお、本セミナーシリーズは、来月、2月17日(水)の開催もすでに確定している。「エッジAIカメラ」の活用をテーマに、ゲスト企業とともに導入プロセスについて紹介する。

IoTプロジェクトの進め方を学びたい方はもちろん、現場のデジタル化や、業務改善を検討している人にとっても本セミナーの内容は役に立つだろう。本セミナーへの申込みはこちらから。

 

Hello SORACOM Online 〜はじめよう、IoTの第一歩〜
開催日時  2021年1月27日(水) 14:00~17:30
お申込み:事前登録制・参加費無料
主催:株式会社ソラコム
ウェブサイト:https://www.hello.soracom.jp

 

Previous

凸版印刷とインフィック、AI学習により個人に合わせた異常行動の検知を実現する 介護業務支援システムを開発

ドコモ、富士通の「不審者検知ソリューション」を5Gパートナーソリューションとして提供開始

Next