ドコモ、富士通の「不審者検知ソリューション」を5Gパートナーソリューションとして提供開始

監視カメラや人による警備は、常時監視をしていなければ犯罪行動への即時の対応は難しい。また、行為を未然に防ぐにはその予兆を見抜く高度なスキルが必要であり、人手不足が叫ばれる昨今ではますます対応が困難になってきている。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、富士通株式会社が提供する「不審者検知ソリューション」を5Gパートナーソリューションとして2021年1月20日から提供開始した。

同ソリューションは、人の行動や動作を監視カメラの映像から分析・数値化し、その結果をもとに、不審な行動を起こす可能性のある人物を検知する。これにより、重大事故や犯罪の発生を未然に防ぐことが可能であるとしている。

また、人が発する特有の振動パターンに基づいて不審行動を検知するため、不審行動パターンのような教師データを事前に登録する必要がなく、新規利用や更新時の教師データの開発・登録コストが不要となる。既に導入済みの監視システムのカメラがある場合、そのまま使用することも可能だという。

同ソリューションを、5Gと組み合わせることで、高精細な映像伝送とそれによる検知精度の向上および、安定したトピックス無線接続を実現するという。

Previous

[1/27]ソラコム主催、具体的な事例とともにIoTプロジェクトの進め方を学ぶ、すぐにはじめる簡単IoT入門

IDC、2019年~2024年の国内第3のプラットフォーム市場は年間平均成長率5.7%で成長と予測

Next