太陽誘電、Bluetooth Smart モジュールの高性能タイプ2種を商品化

太陽誘電株式会社は、Bluetooth(R) Smart モジュール「EYSHCNZXZ」(9.6x12.9x2.0mm)と「EYSHJNZXZ」(5.1x11.3x1.3mm)を商品化する。

これらの商品は、ヘルスケア機器、ウエアラブル端末やスマートフォン周辺機器のほか、IoT関連機器などさまざまな小型・薄型機器に最適な商品で、無線通信規格の一種であるBluetooth(R) v4.2 low energy (Bluetooth(R) Smart)に対応した無線通信モジュールである。

太陽誘電は、今回、同社従来品から形状はそのままに、高機能化を実現。高性能CPUと大容量メモリにより、より複雑なアプリケーションに対応することができる。

これらの商品は、日本国内にて月産200万個体制を構築する。「EYSHCNZXZ」は、2016年4月から量産が開始され、「EYSHJNZXZ」も2016年度上期より量産が開始される。同社サンプル価格は、各アイテムともに3,000円(※)。

 

Bluetooth(R)の規格のひとつであるBluetooth(R) Smartは、非常に省電力な通信規格だ。そのため、ヘルスメーターや血圧計などのヘルスケア用品、活動量計などのウエアラブル端末など、さまざまな機器へ急速に採用が進んでいる。

さらに、「ビーコン」と呼ばれるBluetooth(R) Smartの機能を利用したさまざまなサービスの登場により、Bluetooth(R) Smartの搭載機器数は急速に拡大している。そのため、それぞれの機器や顧客の要望の多様化に伴い、Bluetooth(R) Smartモジュールには、豊富な商品ラインアップが求められている。

そこで太陽誘電は、従来ラインアップに加え、形状はそのままに浮動小数点演算機能付きの高性能なARM(R) Cortex(R)-M4プロセッサと、従来と比較して2倍の大容量メモリを搭載した「EYSHCNZXZ」、「EYSHJNZXZ」を商品化。IoTをはじめ、多様なサービスや複雑で高度なアプリケーションに対応できるラインアップを取り揃えた。

 

なお、従来品と合わせて同社WEBサイト『Bluetooth(R) Smart』のソリューション提案ページに掲載。同ページには、顧客のニーズに合ったモジュールを選択できる『最適モジュール選択チャート』も掲載し、最適な商品を提案してくれる。

 

※ 掲載のサンプル価格は同社の販売サンプル価格。

 

【関連リンク】
太陽誘電(TAIYO YUDEN)

Previous

富士フイルム、「インフォマティクス研究所」を設立し、ビッグデータ解析の最先端技術などの研究開発を推進

UBIC、警察への高度調査解析技術の研修を修了、2016年度も研修継続

Next