IoT NEWS

森ビル、六本木ヒルズ等の都市のDXを推進するデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発

森ビル株式会社は、六本木ヒルズを始めとする「街(ヒルズ)」を舞台に、都市のDXの推進を通じて、より便利でより豊かな都市生活・顧客体験を実現すべく、都市のデジタルプラットフォーム(都市OS)となる「ヒルズネットワーク」を開発し、ヒルズを利用する居住者・ワーカー・来街者などを対象として、2021年4月5日より順次サービスを開始する。

ヒルズネットワークのサービス開始にあたり、様々な街の利用者に対して「ヒルズID」と「ヒルズアプリ」を提供する。これにより、街の利用者は六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズなど、森ビルが管理・運営する複数のヒルズにおける様々なサービスをオンライン上で完結させることが可能となるほか、利用者の属性、街・施設の利用履歴、位置情報などのデータに基づいて、利用者一人ひとりに最適化された「街(ヒルズ)」の情報を受け取ることができる。

森ビル、六本木ヒルズ等の都市のDXを推進するデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発
ヒルズアプリの機能
また、2023年に完成する「虎ノ門・麻布台プロジェクト」や「虎ノ門ヒルズエリア」においては、ヒルズネットワークによって統合された施設・サービスと利用者のデータ基盤をベースとして様々な技術を実装することで、街全体がワークプレイスとなり、街全体がリビングスペースとなるような従来以上にシームレスな都市生活(ヒルズライフ)の実現を目指すとのことだ。森ビル、六本木ヒルズ等の都市のDXを推進するデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発