セゾン情報システムズ、ファイル連携ソフト「HULFT」のIoT対応製品の先行検証版提供開始

株式会社 セゾン情報システムズは、2016年夏に出荷予定のIoT対応製品「HULFT IoT」の先行検証版の提供を4月1日から開始した。

 

「HULFT」は、対応プラットフォームを拡張しながら業務システムのファイル転送に必要な機能が実装されているファイル転送ミドルウェアだ。集配信機能、集配信管理機能に加え、セキュリティ、ファイル転送前後の連携機能など、ファイル転送周辺に必要な機能が備わっている。

この「HULFT」のデファクトスタンダード品質をそのままにIoT領域における信頼性の高いシステム間連携を可能にした「HULFT IoT」先行検証版が2016年4月1日に提供開始された。

IoT対応製品「HULFT IoT」は、これまでの「Computer to Computer」から「Device to Cloud」にシステム間連携範囲を広げることで、IoT領域における安全・確実なシステム間連携を実現するという。

 

今回提供される先行検証版を通じて、2016年夏の正式出荷に向けた製品化プロセスを進めるため、先行20社による実証実験(※)が予定されている。

なお、先行検証版の申し込みは、HULFTのWEBサイトから行える。

 

※ 現在IoTミッションクリティカル領域で先行検証を3社実施中(例:製造業製造ラインにおける品質担保に「HULFT IoT」を活用中)

 

セゾン情報システムズ、ファイル連携ソフト「HULFT」のIoT対応製品の先行検証版提供開始

 

【関連リンク】
セゾン情報システムズ(SISCO)
HULFT

Previous

NECと大阪大学、脳型コンピューティング技術の実現に向けて共同で研究所を開設

NXP、ホーム・オートメーション向けHomeKit対応のKinetisソフトウェアを発表

Next