パイオニア、走行データを分析し、急ブレーキを踏んだ地点をデータ化し販売

パイオニア株式会社は、車のIT化が進む中、カーナビゲーションシステムの情報端末化に着手し、2006年にプローブデータ(※1)を活用した独自のネットワークシステム『スマートループ(※3)』を立ち上げ、カーナビゲーションシステム搭載車間で精度の高い渋滞情報を共有できる「スマートループ渋滞情報™」などのサービスを提供している。

同社は渋滞情報の他にも、車載機から収集した走行履歴データなどを分析し、ドライバーが急ブレーキを踏んだと思われる地点をヒヤリハット(※2)につながる「急減速多発地点データ」として蓄積している。急ブレーキを踏むことが多い地点と事故発生地点との相関は高いと言われており、ドライバーが急減速する要因を分析し、その改善策を施すことが事故発生件数の低減につながると期待されている。

同社の「急減速多発地点データ」は、事故につながる可能性のある地点として地図上に表示し、道路形状・周辺環境の分析、改善策の検討に活用できる。また、改善策を実施した後に、「急減速多発地点データ」の実施前後の変化を分析することで、改良効果を図ることもできる。同データは、日本全国または都道府県別のデータとして提供することが可能だ。

同社は、今回開設する専用サイトを通じて、公共機関をはじめとするさまざまな団体・企業向けに同データを提供し、事故低減につながるさまざまな取り組みに寄与することで、安心・安全な車社会への貢献を目指している。

 

※1 自動車が走行した位置や車速などの情報から生成された道路交通情報。プローブ交通情報とも呼ばれる。

※2 事故には至らなかったものの飛出しなどの突発的な事象や運転中の判断ミスに「ヒヤリ」としたり、「ハッ」としたりする事例。交通以外にも工事現場や医療現場など広く使われている。

※3 自動車のさまざまな走行データを、通信機能を搭載したカーナビゲーション経由で専用サーバーに収集し、集積された情報をネットワーク経由でユーザー同士が共有するパイオニア独自のネットワークシステム。国内市販向けカーエレクトロニクス製品のブランドであるカロッツェリアの「サイバーナビ」や「楽ナビ」などに採用。

 

【関連リンク】
パイオニア(PIONEER)

Previous

ソニーのMESHプロジェクト、オライリー・ジャパンとMaker Faire Tokyo 2016公式コンテスト「Maker Challenge」を開催

「Internet of Your Things」を掲げるマイクロソフトのIoTプラットフォーム  -日本マイクロソフト 大谷氏インタビュー(2/3)

Next