ノジマ、IoT時代に対応した次世代型セキュリティサービスの販売開始。月額1,000円で、家庭内の全てのネット端末+6台を保護

株式会社ノジマは、 4月4日より、IoT時代に対応した次世代型セキュリティサービス『常時安全セキュリティ24プラス byノジマ』の販売を開始した。

 

マイナンバー制度が開始されるなど、個人情報管理やネットワークセキュリティの重要性は年々高まっている。また、家庭内のあらゆる家電がインターネットとつながるIoT時代においてセキュリティ対策は欠かせないものと考え、画期的なウイルスセキュリティサービスを提供開始する。

『常時安全セキュリティ24プラス byノジマ』は、専用機器(サービスアダプター)の配下にある家庭内のネットワーク機器をインターネットの脅威から守るサービス。従来のウイルスソフトでは、PCやスマートフォン、タブレット等の情報機器自体を守ることしかできなかったが、『常時安全セキュリティ24プラス ノジマプラン』では、家庭内のゲーム機や家電製品等、インターネットとつながる可能性のある機器全体を保護することができる。外出用セキュリティも6アカウント付いており、ノートPCやスマートフォンなどを外で利用する場合も安心だ。

なお、同サービスは同社と提携するニフティ株式会社の「常時安全セキュリティ24プラス」(注1)をもとに、同社オリジナルサービスとして提供するものである。

 

このサービスを月額1,000円(税別)で提供。なお、期間限定で、6月末までに申込むと、3ヶ月無料キャンペーンも実施。

契約手続きは、店舗のその場で全て完結する仕組みとなっており、より多くの顧客に、スピーディに手間なく、快適なサービスを提供する。

 

料金(全て税別):初期費用5,000円 月額利用料1,000円
※初月無料
※期間限定で、平成28年6月末までにご契約された方は、3ヶ月無料キャンペーンを実施中

サービス アダプター 仕様:サイズ143(W)×97(D)×26(H)mm、重さ約155g、電源12VDC・1A(詳細仕様についてはこちらのページを参照。)

 

(注1)「常時安全セキュリティ24プラス」
ニフティ株式会社が提供する、PC/スマートフォン/タブレット端末/スマート家電/ゲーム機などを、ウイルスやフィッシングサイトなどのインターネットの脅威から保護するIoTセキュリティサービス。クラウド型のセキュリティ対策とクライアントソフトウエアによる保護対策が可能。

 

【関連リンク】
ノジマ(Nojima)
ニフティ(NIFTY)

Previous

オプテックス、ビルオートメーション市場に参入

TAITRAとTCA、台湾発の最新ITトレードショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」開催

Next