ニーズに合わせたプラン、そしてSoC搭載SIMも登場 ーSORACOM Discovery2021レポート8

ソラコムの年次イベント、SORACOM Discovery2021レポートの第8弾は、グローバル対応についてだ。

すでに、ご存知の通り、ソラコムは、「140カ国で使え、265キャリアで使えるIoTSIM」と、「日本国内で使えるIoTSIM」を用意している。

国内については、plan-Dと呼ばれる、ドコモの回線(3G, LTE, LTE-Mに対応)と、plan-Kと呼ばれるKDDIのLTE回線、plan-KM1と呼ばれるKDDIのLTE-Mの回線がある。

一方で、IoTで利用できる通信と一言で言っても、利用者によってその利用シーンは多様だ。

小さいデータしか扱わない事業者もあれば、映像データのような大きなデータを扱う事業者もある。

そこで、ソラコムは顧客のニーズに応えるプランを複数用意している。

まず、小容量のためのプラン「plan01s-LDV」や、大容量アップロード用のドコモ回線「plan-DU」がこれにあたる。

plan-D D-300MB

このプランの特徴は、300MBであれば同じ金額に平準化されていることだ。300MBを超えた場合でも500MB毎に110円支払えば良い。また、データを流さなければ、初期費用の中に最大2ヶ月の基本料金を含んでいる。

このプランは、7/26から提供開始されるということだ。

サブスクリプションコンテナ

ところで、ソラコムのSIMにはサブスクリプションコンテナという考え方がある。

これを発展させ、一つのSIMに複数のサブスクリプションを追加できるサービスを開始すると発表した。

ソラコムのサブスクリプションコンテナ

その結果、複数の基本料金が重複することが課題となるため、ここも一つにまとめた。

ソラコムのサブスクリプションコンテナ

上の図のように、二つのサブスクリプションコンテナを利用して、二つのSIMを搭載した場合、片方の基本料金は不要ということだ。

さらに、KDDIの5Gにも対応し、フルMVNOを実現した。このプランは、「planX2」と呼ばれ、KDDIのLTE, 5Gに対応したSIMとなる。

データ料金は、$0.01/MBということだ。

セルラーSoC

現在、ウェアラブルなどの世界では、SIMをeSIMとして利用するなどSIM自体の小型化が進んでいるが、さらにこの考え方を進めると、SoCの中にSIMを搭載するという考え方になる。

ソラコムのセルラーSoC

そこで、ソラコムは、iSIM(セルラーSoC)を作り、ワンチップでSIMの機能を実現することを発表した。

altair、Kigenと協業し、すでにSoCでも従来のSIMと同等の機能を実現しているということだ。