ソラコム機能アップデート ーSORACOM Discovery2021レポート9

ソラコムの年次イベント SORACOM Discovery2021レポートの第9弾は、様々な機能面でのアップデートについてだ。今回、このアップデート情報について、ソラコム執行役員 プリンシパルソフトウエアエンジニアの片山氏より説明があった。

IoTプラットフォームの機能改善

SORACOM Lagoonの可視化機能改善

SORACOMには、デバイスから集めたデータを蓄積する「Harvest」というサービスがあるが、「Lagoon」は、そのデータを簡単に可視化するサービスだ。

これまでも、ちょっとデータをみたい場合などに重宝されてきた機能だが、今回の発表では「可視化機能に円グラフが追加」と「サンプルデータソースの提供」が発表された。

また、演算処理においては、平均値などの計算も行えるようになった。

SORACOM Peek for SIM

SORACOM Peek for SIMは、SIM単位で通信内容をキャプチャし、その場で流れているデータをダンプしたり解析をすることが可能になる機能だ。

通常、パケットキャプチャなど別の設備が必要になるところだが、これをプラットフォームの機能として提供することとなる。

デバイス ping機能

デバイスの死活監視などの目的で、デバイスに対してpingをうつけーすがあるが、今回のアップデートでは、pimgを管理画面から送信できるだけでなく、API呼び出しによってpingを打てるようになった。

SORACOM搭載の新しいデバイス

これまでも、GPSマルチユニットや、Grove IoTスターターきっと、LTE-M Buttonなど、いくつものデバイスをリリースしてきたソラコムだが、今回も新しいデバイスが発表された。

ソラコムが発表したこれまでのデバイス
ソラコムが発表したこれまでのデバイス

Android搭載IoTデバイス「Acty-G3スターターキット」

Android搭載IoTデバイス「Acty-G3スターターキット」
Android搭載IoTデバイス「Acty-G3スターターキット」

GPS、ジャイロセンサー、加速度センサーなどがついた、bluetooth通信も可能なAndroidを活用したエッジデバイスだ。

Andoroidに対応したアプリを搭載することもでき、LTEが設定済みなので、すぐに使えるということだ。

LTE-M搭載 CO2センサー「RS-LTECO2 スターターキット」

LTE-M搭載 CO2センサー「RS-LTECO2 スターターキット」
LTE-M搭載 CO2センサー「RS-LTECO2 スターターキット」

このデバイスでは、CO2濃度だけでなく、温度や湿度を測定し、定期的に送信することができる。

SORACOMの設定も完了しているため、すぐに利用開始することができる。

S+ Camera Basic Smart Edition

S+ Camera Basic Smart Edition
S+ Camera Basic Smart Edition

S+ Cameraにソニー製のイメージセンサー「IMX500」を採用することで、カメラ自体でエッジAI処理ができるようになった。

イメージセンサーに独自アルゴリズムを搭載することも可能だ。従来以上に早いエッジ処理が可能となる。

運用負荷軽減のための診断機能

診断機能
診断機能
診断機能
診断機能 利用イメージ

運用をしていると様々な問題が起きるが、今回発表されたのは、通信のトラブルシューティングを自動実行する機能だ。

通信履歴や情報をもとに、診断を行い、解決のヒントをお客様に提示するものだという。

特に、セッションが確立されていない場合や、データ通信がない、といった状況などをおしえてくれる。

この機能は無料で提供されるということだ。

大企業のDXを加速させるサービス

ソラコム執行役員 プリンシパルソフトウエアエンジニアの片山氏
ソラコム執行役員 プリンシパルソフトウエアエンジニア 片山氏

本格的に大企業の業務や、ミッションクリティカルなシーンでも使われることの増えたソラコムのIoTプラットフォームサービス。

今回の発表では、そういったエンタープライズを意識したサービスもリリースされた。

API監査ログ エンタープライズオプション

システム運用をしていると、監査ログを残す必要があるが、今回ユーザコンソールやAPI操作ログを1年間保存、期間と種別を指定して一括ダウンローづすることができるようになった。

プライオリティサポートプラン

また、月額10,780円または、月額利用料の5%のいずれかのうち高い方の金額を追加で払うことで、営業時間内での優先対応と初回応答時間の保証を行うサービスを開始するとした。

開発・運用時の問題の切り分けが難しいなどの場合などに心強い。

エンタープライズサポートプラン

さらに、個別見積もりの上で、大規模・ミッションクリティカルな利用者に対するサポートプランも発表された。

このプランでは、24時間.365日サポート対応だけでなく、Webフォームだけでなく電話窓口での対応もしてくれる。

重要度に応じた初回の対応や障害報告書の提示、専任技術者のアサインといった、エンタープライズシステムを保守・運用する際によく依頼があるような内容を網羅した。

このプランの申し込みはサポート宛リクエストでできるとのことだ。

ソラコムサポートプランまとめ
ソラコムサポートプランまとめ