アンビション、最先端人工知能技術を活用した自動接客システム「AIチャット ルームピア」をイタンジと共同開発

「コミュニティーディベロッパー」企業としてプロパティマネジメント業からインベスト事業、不動産賃貸仲介業「ルームピア」・「VALOR」を提供する株式会社 AMBITION(以下、アンビション)は、イタンジ株式会社との共同開発により、人工知能を用いた自動接客システム「AIチャット ルームピア」を、2016年4月22日(金)より、不動産賃貸仲介「ルームピア」各店にて導入した。

 

同システムは、同社の不動産賃貸仲介業である「ルームピア」に顧客が来店した際に使用しているヒアリングシートをデータ化することで、過去蓄積分をビッグデータとして活用。同データを人工知能が自動的に処理・分析することで、顧客に対し最適な物件を定期的に提案することができるチャットシステムだ。

さらに、要望や質問に対しても必要な情報を自動返答できることから、同システムの導入によって、最先端人工知能技術を活用した自動接客が可能となる。また、今回のシステム導入では、AIチャットにウェブ集客の仕組みを連携させ、顧客のニーズに合った物件の提案から、顧客の物件見学までを自動化することを目的としている。

同社のもつ約13,000戸の賃貸管理物件およびアンビショングループが仲介してきたこれまでの顧客動向・成約物件に関する業務データと、イタンジがもつ外部オーディエンスデータを活用することで、顧客一人一人により最適な物件提案を行うとともに、入居者募集のウェブ広告出稿の最適化を図り、仲介業務の効率化を目指していくという。

 

【関連リンク】
アンビション(AMBITION)
イタンジ(ITANDI)

Previous

フラワー・ロボティクス、TEPIA先端技術館で自律移動型ロボット「Patin(パタン)」の常設展示を開始

M2モビリティー、スマートロック製品「danalock V2」をリリース

Next